CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[インタビュー]

貴社にはビッグデータもモバイルも不要かもしれない~重要なのは企業の個性やポジションの再認識

NRI「ユーザー企業のIT活用実態調査」に見るIT投資戦略

2014年8月29日(金)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

すべての企業がITによるイノベーションを目指す必要はない――。「ユーザー企業のIT活用実態調査」をまとめた、野村総合研究所の淀川高喜研究理事はこう語る。企業のビジネスモデルや成熟度は全く異なる。当然、あるべきIT投資の姿も千差万別というわけだ。同氏にIT投資戦略について聞いた。

企業の状況は千差万別、IT投資戦略の万能解はない

淀川氏野村総合研究所の淀川高喜研究理事

 世の中には、IT投資の在り方を示唆する様々な言説がある。ITは脇役だから、なるべくシンプルなものにすべきだという意見もあれば、競争力の源泉だから積極的に投資すべきとの意見もある。情報システムの担当者ならば、いったいどのアドバイスを信じれば良いのかと、悩んだ経験があるはずだ。

 特に、最近はIT投資の幅が広がってきた。従来は、既存業務のプロセスをIT化して「効率化」を目指す投資が多かった。しかし、こうした投資が一巡し、情報活用や、ビジネスモデルの創出にも目が向き始めている。ビッグデータやモバイル、ソーシャルの活用などはそれだ。

 基本的にIT投資は、業務効率化から情報活用、戦略活用と進展する。ただし、企業のビジネスモデルや、その成熟度、置かれた競争環境は千差万別だ。“企業ITとはかくあるべし”と画一的には語れない。どの会社も等しく、ビッグデータやモバイルデバイスを使った業務改革に取り組む必要はない。

 自社にとって最適な選択をするためには2つの視点を持ちたい。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ITの重要度と、事業の成熟度がIT投資戦略を決める
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

貴社にはビッグデータもモバイルも不要かもしれない~重要なのは企業の個性やポジションの再認識すべての企業がITによるイノベーションを目指す必要はない――。「ユーザー企業のIT活用実態調査」をまとめた、野村総合研究所の淀川高喜研究理事はこう語る。企業のビジネスモデルや成熟度は全く異なる。当然、あるべきIT投資の姿も千差万別というわけだ。同氏にIT投資戦略について聞いた。

PAGE TOP