CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[ITリーダーの美学]

広島県 桑原 義幸 氏

“人中心”の組織へ改革を図る

2014年9月16日(火)川上 潤司(IT Leaders編集部)

中国・四国地方における産業の中核都市として知られる広島県は、最近では「おしい!広島県」キャンペーンでも注目を集めている。さらに、「ひろしま未来チャレンジビジョン~県民の力とイノベーションで未来をつくる~」の構想の下、人づくり、新たな経済成長、安心な暮らしづくり、豊かな地域づくりを4つの柱とする施策を推進中だ。新たな広島県のチャンレンジをCIOとしてIT戦略面から支えている桑原義幸氏に話を伺った。(聞き手は、川上潤司=IT Leaders 編集長)。 写真◎赤司 聡

 

“官”と“民”の二足のわらじを履き続けてきた

もともと“官”ではなく“民”、それもIT関係の会社におられたとか。

 そうなんです。1981年に留学先のカナダから帰国し、最初に就職したのが富士通でした。その後、DECに転職して10年以上SEやマーケティングの一員としてシステム開発、営業支援業務に携わりました。さらに、EDSでキャッシュマネジメントを中心とする金融システムのグローバルプロジェクトマネージャーを務め、KPMGやアーサーアンダーセンではパートナーとして業務改革やERP導入プロジェクトなどを手掛けてきました。

それがどんな経緯から、官公庁や自治体との関わるようになったのでしょう?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】職場中心の組織から人中心の組織へ
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
ITリーダーの美学一覧へ
関連記事

広島県 桑原 義幸 氏中国・四国地方における産業の中核都市として知られる広島県は、最近では「おしい!広島県」キャンペーンでも注目を集めている。さらに、「ひろしま未来チャレンジビジョン~県民の力とイノベーションで未来をつくる~」の構想の下、人づくり、新たな経済成長、安心な暮らしづくり、豊かな地域づくりを4つの柱とする施策を推進中だ。新たな広島県のチャンレンジをCIOとしてIT戦略面から支えている桑原義幸氏に話を伺った。(聞き手は、川上潤司=IT Leaders 編集長)。 写真◎赤司 聡

PAGE TOP