[CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ]

【第11回】Industrial InternetとIndustry 4.0にみる製造業へのITインパクト

2014年9月16日(火)大和 敏彦(ITi代表取締役)

クラウドコンピューティングや、ネットワーク、ビッグデータの動向を本連載で取り上げてきた。前回は、注目度が急速に高まっている要素テクノロジーであるIoT(Internet of Things:モノのインターネット)を取り上げた。IoTやビッグデータ応用を、他の要素テクノロジー同様に、どう使いこなしビジネスにつなげていくかが重要だ。その一例として、米GEの「Industrial Internet」と独政府の「Industry 4.0」を題材に、ビッグデータやIoTなどの最新テクノロジーが製造業に与える影響に触れてみたい。

 ビッグデータの時代になり、大きく変わろうとしているのが製造業だ。米GE(General Electric)が提唱する「Industrial Internet」や、ドイツが国を挙げて取り組む「Industry 4.0」の動きが、その代表例である。

産業革命、インターネット革命に次ぐ革命に

 Industrial InternetをGEは、「Industrial Evolution(産業革命)」と「Internet Evolution(インターネット革命)」に続く、新たな革命に位置付ける。「アナリティックスの自動化と、実体に基づいた深いドメインごとの経験の蓄積による予測や自動化によって起こる変革」と定義している。すなわち、ビッグデータ時代のテクノロジーによる変革だ。

 GEは、Industrial Internetに向けて、1つのアーキテクチャー、1つのプラットフォームの実現を狙っている。同プラットフォームの設計思想は、今後の機器やシステム、さらにはビッグデータやIoT(Internet of Things:モノのインターネット)を考える上で参考になる。その設計思想は、(1)Machine Centric、(2)Industrial Big Data、(3)Modern Architecture、(4)Resilient & Secureである。

(1)Machine Centric

 種々の機械に対し、IoT接続の機能や、解析に結び付けるための機能を与え、ソフトウェアの変更方法などの標準化を目標にする。機器自身にIoTやビッグデータの発想に基づいた機能を標準装備する考えだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】工場や設備・機械もネットにつながる
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ一覧へ
関連キーワード

Industry 4.0

関連記事

【第11回】Industrial InternetとIndustry 4.0にみる製造業へのITインパクトクラウドコンピューティングや、ネットワーク、ビッグデータの動向を本連載で取り上げてきた。前回は、注目度が急速に高まっている要素テクノロジーであるIoT(Internet of Things:モノのインターネット)を取り上げた。IoTやビッグデータ応用を、他の要素テクノロジー同様に、どう使いこなしビジネスにつなげていくかが重要だ。その一例として、米GEの「Industrial Internet」と独政府の「Industry 4.0」を題材に、ビッグデータやIoTなどの最新テクノロジーが製造業に与える影響に触れてみたい。

PAGE TOP