[インタビュー]

「IoTに最適化したネットワークが必要に」米アカマイのチーフストラテジスト

2014年9月18日(木)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)を前提にした新たなアプリケーションによるビジネスモデル改革への期待が高まっている。そうした中、CDN(Contents Delivery Network)サービスを提供する米アカマイ・テクノジーズが、IoTのためのネットワーク環境の構築に力を入れている。IoT時代には、どんなネットワークが必要になるというのか。米本社のチーフストラテジストであるクリストファー・アレキサンダー(Kristofer Alexander)氏に聞いた。(聞き手は志度昌宏=IT Leaders編集)

米アカマイ・テクノロジーズのチーフストラテジストであるクリストファー・アレキサンダー氏米アカマイ・テクノロジーズのチーフストラテジストであるクリストファー・アレキサンダー氏

−−IoT(Internet of Things:モノのインターネット)のためのネットワークが必要だと指摘している。IoTの何を問題視しているのか。

 様々なデータソースがネットワークにつながっていく中で、これまでとは異なるインタラクション(相互作用)が複数、発生することだ。

 IoTの時代になれば、様々な機器がつながることは既に指摘されている。従来の人が操作するコンピュータに加え、車や製造装置などの機械、センサーあるいは、それらで読み取れるバーコードやQRコードが付されたすべてのモノである。

 しかし、重要なことは、これらがただつながるだけでなく、読み取った情報がやり取りされ、それに基づくインストラクション(命令)によって、新たな変化が生じる。そこでは、人よりも機械、機械よりもセンシングされたデータやインストラクションのほうが多数発生するのは明らかであり、そこに新たなインタラクションが発生する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】シスコ、クアルコムとも共同開発中
  • 1
  • 2
関連記事

「IoTに最適化したネットワークが必要に」米アカマイのチーフストラテジストIoT(Internet of Things:モノのインターネット)を前提にした新たなアプリケーションによるビジネスモデル改革への期待が高まっている。そうした中、CDN(Contents Delivery Network)サービスを提供する米アカマイ・テクノジーズが、IoTのためのネットワーク環境の構築に力を入れている。IoT時代には、どんなネットワークが必要になるというのか。米本社のチーフストラテジストであるクリストファー・アレキサンダー(Kristofer Alexander)氏に聞いた。(聞き手は志度昌宏=IT Leaders編集)

PAGE TOP