データセンター データセンター記事一覧へ

[調査・レポート]

4割の企業が現在のデータセンターを東日本大震災以降に利用―インプレス「データセンター調査報告書2014」より

2014年9月22日(月)データセンター完全ガイド編集部

インプレスのシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は2014年9月22日、同社が実施した企業のデータセンター利用に関する調査結果を発表し、それをまとめた「データセンター調査報告書2014」(監修:データセンター完全ガイド編集部)の販売を開始した。調査結果から、データセンター/クラウドサービスの動向や潮流、それらを選定するユーザー企業の採用意欲や傾向などが明らかになった。

 インプレスの年次データセンター市場調査は2007年より実施を始め、調査報告書は今年で8回目の発行となる。調査内容は、データセンター/クラウドサービスの市場・産業や同分野の主要技術の動向・分析で、173のデータセンター/クラウド事業者に対する詳細分析も行っている。なお、2014年度版より、データセンターサービスの比較・検討・採用にあたる企業の担当者を対象に、データセンターを選定する際の基準などを尋ねたユーザー詳細調査結果を新たに掲載している。

 2014年度の調査結果の一部は以下のとおりとなっている。

4割の企業が現在のメインデータセンターを東日本大震災以降に利用

 対象企業が現在、主に利用しているデータセンターの利用開始時期を尋ねたところ、「2011年」が16.8%の回答を得て最多で、2010年以降、4年間の比率が合計で52.6%と半数を占め、2011年3月11日の東日本大震災以降に新規または乗り換えとして、現在のデータセンターをメインとして利用開始しているケースが非常に多いことが明らかになった。また、現在、主に利用しているデータセンターの契約期間は、「5年以上」が28.0%、「3年未満」が23.1%、「5年未満」が20.3%という順位になり、3年以上の契約長期化が進んでいる。

図1:現在のメインデータセンターの利用開始時期(出典:インプレス「データセンター調査報告書2014」)
拡大画像表示

データセンターに強化してほしいのはクラウドサービスと情報セキュリティ

 調査ではデータセンターに強化してほしい点も尋ねている。、最多の回答を得たのは「クラウドサービス」(38.0%)で、「情報セキュリティ」(33.7%)が続いた。この2つは2013年度調査でも要望が強く、データセンターの利用にあたってユーザー企業が抱える大きな課題となっている。なお、3位の「BCP/DR」、4位の「物理セキュリティ」、5位の「省エネ」までがいずれも20%以上の回答を得て上位につけている。

図2:データセンターに強化してほしい点(出典:インプレス「データセンター調査報告書2014」)
拡大画像表示

データセンターの採用にあたって重視するのはコストと立地

 2014年度版から調査を開始した、企業のデータセンター採用担当者への調査の中で、データセンターの採用にあたって重視した(する)点を尋ねている。回答結果を見ると、やはり「コスト」(74%)が最多となり、「立地(安全性、BCP/DR)」(52%)、「立地(自社のオフィスや事業所から近かったり、交通の便がよい)」(48%)と続いた。

図3:データセンターの採用にあたって重視する点(出典:インプレス「データセンター調査報告書2014」)
拡大画像表示

 データセンター調査報告書2014の価格は、CD(PDF)版が16万円で、CDと400ページの冊子のセット版が17万円(いずれも税別)。同調査報告書の詳細および購入は、インプレス総合研究所のWebページを参照されたい。

 

 

 

関連キーワード

データセンター / インプレス

関連記事

4割の企業が現在のデータセンターを東日本大震災以降に利用―インプレス「データセンター調査報告書2014」よりインプレスのシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は2014年9月22日、同社が実施した企業のデータセンター利用に関する調査結果を発表し、それをまとめた「データセンター調査報告書2014」(監修:データセンター完全ガイド編集部)の販売を開始した。調査結果から、データセンター/クラウドサービスの動向や潮流、それらを選定するユーザー企業の採用意欲や傾向などが明らかになった。

PAGE TOP