[インタビュー]

「クラウド単体でなく、既存アプリとの接続が面白い仕組みを生み出す」米IBMのCTO

2014年9月24日(水)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

米IBMがプライベートPaaS(Platform as a Service)製品「IBM PureApplication 」の機能拡張を図っている。2014年6月に同社のIaaS(Infrastructure as a Service)である「SoftLayer」上で展開するクラウドサービスを発表。8月には管理ソフトの最新版を投入し、OpenStackなどへの対応を強化した。オンプレミスとクラウドのハイブリッド対応が進むPureApplicationの今後の姿などを、米IBMのCTO(Chief Technology Officer:最高技術責任者)であるジェイソン・マクギー(Jason McGee)氏に聞いた。(聞き手は志度昌宏=IT Leaders編集)

米IBMのCTO(Chief Technology Officer:最高技術責任者)であるジェイソン・マクギー(Jason McGee)氏米IBMのCTO(Chief Technology Officer:最高技術責任者)であるジェイソン・マクギー(Jason McGee)氏

−−PureApplicationのクラウドサービス「IBM PureApplication Service on SoftLayer」を開始した。PaaS(Platform as a Service)としてIBMは「Bluemix」にも力を入れている。両者は競合しないのか。

 クラウド上で稼働するワークロードには2つのグループがある。1つは、クラウド上で新たに開発される「クラウドネイティブ」なワークロード。もう1つは、オンプレミス環境などで稼働している既存アプリケーションを移行させたワークロードだ。

 Bluemixは、前者のクラウドネイティブなワークロードのためのPaaSだ。プログラム開発者のために最適化を図っている。これに対しPureApplicationは、後者の既存アプリケーションをクラウド環境で利用するためのPaaSになる。

 SoftLayer上にPureApplication Serviceが登場したことで、オンプレミスのPureApplicationとの間で、既存のアプリケーションのポータビリティ(可搬性)が確保できる。オンプレミス環境では、利用できるハードウェア環境が限定されるが、SoftLayerは、仮想マシン(VM)やベアメタルといったクラウドインフラもサポートする。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】OSSコミュニティと新たなエコシステムを構築
  • 1
  • 2
関連記事

「クラウド単体でなく、既存アプリとの接続が面白い仕組みを生み出す」米IBMのCTO米IBMがプライベートPaaS(Platform as a Service)製品「IBM PureApplication 」の機能拡張を図っている。2014年6月に同社のIaaS(Infrastructure as a Service)である「SoftLayer」上で展開するクラウドサービスを発表。8月には管理ソフトの最新版を投入し、OpenStackなどへの対応を強化した。オンプレミスとクラウドのハイブリッド対応が進むPureApplicationの今後の姿などを、米IBMのCTO(Chief Technology Officer:最高技術責任者)であるジェイソン・マクギー(Jason McGee)氏に聞いた。(聞き手は志度昌宏=IT Leaders編集)

PAGE TOP