コラボレーション コラボレーション記事一覧へ

[事例ニュース]

佐賀県庁、遠隔地でのコラボレーションを加速するシステムを導入

2014年10月2日(木)IT Leaders編集部

佐賀県庁は2014年10月、約4000人の職員が利用するコラボレーションシステムを刷新した。構築を担当したネットワンシステムズが、10月1日に発表した。

佐賀県庁は、2008年にいち早く在宅勤務制度を導入するなど、ワークスタイル変革を積極的に推進している。そうした取り組みの一環として2013年、遠隔地にいる職員同士がコラボレーションするためのビデオ会議システムを導入した。しかし、端末の種類によって操作方法が異なるなど使い勝手に問題があることから、十分に活用されなかった。

そこで今回、職員の所在や端末を問わず同じ操作感で利用できる新システムを構築。外出先や在宅勤務でも円滑にコラボレーションできる環境を整えた。「現場での課題解決」「業務の効率化」「育児・介護の負担軽減」「災害時の迅速な業務遂行」といった効果を見込む。

新システムは、ビデオ会議やプレゼンス確認、チャット、資料共有といった機能を備える。職員は、これらをタブレットやスマートフォン、PCを使って利用する。ネットワンシステムズが、シスコのコラボレーション製品を用いて構築した。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 佐賀県庁
業種 自治体
導入システム コラボレーションシステム
導入目的 行政サービスの向上と業務の効率化、職員のワークライフバランス
導入時期 2014年10月
主な利用製品 「Cisco Jabber」
関連キーワード

自治体 / ビデオ会議 / ネットワンシステムズ / Cisco Systems / Jabber

関連記事

佐賀県庁、遠隔地でのコラボレーションを加速するシステムを導入佐賀県庁は2014年10月、約4000人の職員が利用するコラボレーションシステムを刷新した。構築を担当したネットワンシステムズが、10月1日に発表した。

PAGE TOP