[新製品・サービス]

ワークスAPが噂の次世代ERP「HUE」を発表、牧野CEOが革新性をアピール

2014年10月7日(火)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

ワークスアプリケーションズは2014年10月7日、基幹業務アプリケーションの新製品「HUE(ヒュー)」を発表した。現行のERPソフトウェア「COMPANYシリーズ」の刷新ではなく、クラウドにネーティブ対応した次世代の基幹業務アプリケーションとして位置づけられる。2015年春に販売開始、2015年中に出荷が予定されている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】コンシューマーアプリにならい、レスポンシビリティと利便性の向上を追求
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

ワークスアプリケーションズ / ERP / 会計 / 人事

関連記事

Special

-PR-

ワークスAPが噂の次世代ERP「HUE」を発表、牧野CEOが革新性をアピールワークスアプリケーションズは2014年10月7日、基幹業務アプリケーションの新製品「HUE(ヒュー)」を発表した。現行のERPソフトウェア「COMPANYシリーズ」の刷新ではなく、クラウドにネーティブ対応した次世代の基幹業務アプリケーションとして位置づけられる。2015年春に販売開始、2015年中に出荷が予定されている。

PAGE TOP