CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[オピニオン from CIO賢人倶楽部]

伊勢神宮の式年遷宮に学ぶ、基幹システムのあり方

2014年10月23日(木)CIO賢人倶楽部

「CIO賢人倶楽部」は、企業における情報システムの取り込みの重要性に鑑みて、CIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)同士の意見交換や知見を共有し相互に支援しているコミュニティです。IT Leadersは、その趣旨に賛同し、オブザーバとして参加しています。同倶楽部のメンバーによるリレーコラムの転載許可をいただきました。順次、ご紹介していきます。今回は、レイヤーズ・コンサルティングの有川 理 氏のオピニオンです。

 円安、株高によって長い景気低迷のトンネルをようやく抜けてきた感がある最近、弊社にいただく情報システムに関する相談内容が少し変わってきている傾向がある。基幹(業務)システムの見直しの相談が多くなってきているのだが、その内容は「経営層があまり乗り気ではない。他社はどうなのか、どう経営層にアピールすればいいか」といったことだ。

 日々粛々と稼働している基幹システムに手を入れても、「新たな効果を生まない」「再構築には多額の費用がかかる」という印象が経営層には強く、バブル崩壊以降の厳しい経営環境の中、基幹システムについては再構築ではなく延命措置をとってきたという背景がある。2000年問題時に基幹システムを再構築やERPへの置き換えができた企業はまだしも、生産管理や受発注などのシステムは20年前のままという企業は意外と多い状況である。

 必要に応じてパッチワーク的に拡張、改変してきた30年もののシステムも結構存在している。お酒ならいざ知らず、“年代物”のシステムはしゃれにならない。システムを熟知した担当者が異動・退職して、現担当者は決まった運用しかできず、変更やトラブル時には想像を超える時間と費用を費やすという、あってはならない現象にも陥りがち。サポートするベンダーも開発者が世代交代しており、同様にブラックボックス化している。

 よく言われる「改築と増築を重ねた、古い温泉旅館」と同様の状況にあることを知らない経営者が多いのだ。それに対して情報システム部門は声をあげているのだろうが、基幹システム再構築にかかる自らの負担や、万一の「動かないシステム」「システム障害」のリスクを懸念し、説得に力が入らない。古い温泉旅館のように目に見える現象がないのをいいことに、再構築を先延ばししているのである。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
オピニオン from CIO賢人倶楽部一覧へ
関連記事

伊勢神宮の式年遷宮に学ぶ、基幹システムのあり方「CIO賢人倶楽部」は、企業における情報システムの取り込みの重要性に鑑みて、CIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)同士の意見交換や知見を共有し相互に支援しているコミュニティです。IT Leadersは、その趣旨に賛同し、オブザーバとして参加しています。同倶楽部のメンバーによるリレーコラムの転載許可をいただきました。順次、ご紹介していきます。今回は、レイヤーズ・コンサルティングの有川 理 氏のオピニオンです。

PAGE TOP