[シリコンバレー最前線]

ボーダーレス化が進むマーケット、Searsがビッグデータをコンサルし、Amazonが映画を作る

2014年10月15日(水)山谷 正己

ITをテコにした産業革命が進行し、今や“常識破り”の時代を迎えている。百貨店大手の米Searsがビッグデータのコンサルティングサービスを開始したかと思えば、米Amazonは映画の制作にまで参入。米Googleはロボットから医療にまで手を広げる。業界の枠を超え、いつどこから競争相手が現れるか予断できなくなった。

 特定の業界で技術力と資本力の両面から足固めをした企業が、他業界に遠慮なく参入するケースが近年、増えている。

 その一例が、米百貨店業界の老舗企業Searsだ。同社はさきごろ、自社のビッグデータ部門をMetaScale(メタスケール)として分社・独立させ、ビッグデータのコンサルティングとトレーニングのサービスを提供し始めた(図1)。何と、デパートがビッグデータとアナリティクスのサービスを提供するのである。

図1:Searsの店舗外観と、同社が立ち上げたビッグデータ関連サービス会社MetaScaleのホームページ図1:Searsの店舗外観と、同社が立ち上げたビッグデータ関連サービス会社MetaScaleのホームページ
拡大画像表示

自らのビッグデータ活用プロジェクトをベースにサービス化

 Searsは、リチャード・シアーズ氏が1893年に始めた時計のメールオーダー(通信販売)ビジネスに端を発している。その後、各種の機器のメールオーダー会社として成長し、全米規模のデパートへと発展した。今では全米に2200店舗を持ち、従業員数は24万7000人、2013年度の売上高は361億ドルだった。

 そのSearsがなぜビッグデータのサービスなのか。同社はこれまで、日常の業務処理にIBM製メインフレーム6台を運用してきた。うちの1台が分析専用だった。ビッグデータが騒がれるのを見て、2010年にHadoopを使った実験システムを構築。これを2年間、たっぷりと試してみた結果、「これはいける」と判断した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ネット書店発のAmazonは映画製作にまで参入
  • 1
  • 2
バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

ボーダーレス化が進むマーケット、Searsがビッグデータをコンサルし、Amazonが映画を作るITをテコにした産業革命が進行し、今や“常識破り”の時代を迎えている。百貨店大手の米Searsがビッグデータのコンサルティングサービスを開始したかと思えば、米Amazonは映画の制作にまで参入。米Googleはロボットから医療にまで手を広げる。業界の枠を超え、いつどこから競争相手が現れるか予断できなくなった。

PAGE TOP