[木内里美の是正勧告]

セキュリティリスク恐れて逆行する情報利活用

2014年10月15日(水)木内 里美

国内企業でも本格的なデータ利活用の兆しが感じられるが、その阻害要因の1つとなるのが極めて深刻化している情報セキュリティ・リスクだ。被害を恐れるあまり、対策の矛先は利活用の現場に向きがちとなる。管理責任を回避する最もシンプルで安易な対策によって、利活用が阻害されていく昨今の傾向はいかがなものか。今回は、この構図にメスを入れたい。

 日本はアジア諸国のようなフリーのWi-Fi網の整備が遅れている。通信事業者(キャリア)への依存が強いからだが、それでも広域でネットワークが使えるようになってきた。加えてここ数年のモバイル端末の普及は凄まじい。最近は、モバイル端末を持っていないビジネスパーソンに会うことは希になった。

 インフラばかりでなく、モバイルアプリでもクラウドでも、「使える」ものが格段に増えている。残念ながら日本発のサービスは小物ばかりだが、FacebookのメッセンジャーやGoogleのハングアウトなどのコミュニケーションツールは、実に使い勝手がいい。ビジネスに活用しなければ勿体ない。

 一方で企業もデータの重要性に少しずつ気づき、データ・マネジメントやチーム共有・分析活用など、データを活用する活動も目立つようになってきた。いよいよITの保有ではなく、利活用で差異化を図る時代が来たようだ。

 ところがそれを阻害する要因がある。ここ数年、極めて深刻化している情報セキュリティ・リスクだ。一つは巧妙さを増すサイバー攻撃、特に悪意のある標的型攻撃の台頭。もう一つはデータ漏洩の規模の拡大である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】利活用せずして何のITか?
  • 1
  • 2
バックナンバー
木内里美の是正勧告一覧へ
関連記事

セキュリティリスク恐れて逆行する情報利活用国内企業でも本格的なデータ利活用の兆しが感じられるが、その阻害要因の1つとなるのが極めて深刻化している情報セキュリティ・リスクだ。被害を恐れるあまり、対策の矛先は利活用の現場に向きがちとなる。管理責任を回避する最もシンプルで安易な対策によって、利活用が阻害されていく昨今の傾向はいかがなものか。今回は、この構図にメスを入れたい。

PAGE TOP