CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[ITリーダーの美学]

ミワサホーム 宮本 眞一 氏

クラウドは情シス飛躍の強力な武器

2014年10月28日(火)川上 潤司(IT Leaders編集部)

2000年代に事実上IT投資を凍結していたミサワホームは、長期の低迷から脱却し、巻き返しを図るべく基幹系システムの再構築に乗り出した。グループ企業の間接業務をシェアードサービス化するという目標を掲げ、オンプレミスでの運用を完全に廃するクラウド移行を推進している。長年にわたりユーザー部門でITに携わってきた経験を生かし、2011年4月に再始動した新生情報システム部を率いる宮本眞一氏に、改革に懸ける信念を伺った。(聞き手は、川上潤司=IT Leaders 編集長)。 写真◎赤司 聡

不動産情報を扱う子会社でITと出会った

もともと入社されたのは、ミサワホームグループの情報子会社だったと伺いました。

 そうです。不動産情報を扱っていた子会社に1984年に新卒で入社しました。

1984年というと、まだPCも珍しかった時代ですよね。

 PCにハードディスクすら搭載されておらず、8インチフロッピーでソフトを起動していた頃です。町の不動産屋さんにPCを使いこなせる人なんてほとんどいなくて、ワープロソフトの使い方やオンラインシステムへのデータ入力の方法などを、一軒一軒まわって教える仕事をしばらく担当していました。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】最初は情報システム部の“天敵”だった
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
ITリーダーの美学一覧へ
関連記事

ミワサホーム 宮本 眞一 氏2000年代に事実上IT投資を凍結していたミサワホームは、長期の低迷から脱却し、巻き返しを図るべく基幹系システムの再構築に乗り出した。グループ企業の間接業務をシェアードサービス化するという目標を掲げ、オンプレミスでの運用を完全に廃するクラウド移行を推進している。長年にわたりユーザー部門でITに携わってきた経験を生かし、2011年4月に再始動した新生情報システム部を率いる宮本眞一氏に、改革に懸ける信念を伺った。(聞き手は、川上潤司=IT Leaders 編集長)。 写真◎赤司 聡

PAGE TOP