[インタビュー]

「当面はIaaS、PaaSに集中する」─米RedHatのCEOにクラウド戦略を聞く

2014年10月22日(水)田口 潤(IT Leaders編集部)

クラウドコンピューティング分野で、IaaS基盤やPaaSのソフトウェアを巡るITベンダーの動きが活発になっている。この分野で注目企業の1社である米RedHatは現状をどう捉えているのか。

 商用Linux「RedHat Enterprise Linux(RHEL)」で確固たる地位を築いた米RedHat。同社が次に焦点としているのがプライベートなIaaSを構築するための基盤ソフト「OpenStack」と、やはりプライベートなPaaSを構築するための「OpenShift」である(注:プライベートといっても、通信事業者やデータセンター事業者がこれらを使ってパブリックなサービスを提供することもある)。

 しかしLinuxと異なり、プライベートなIaaSもPaaSもこれからの分野。競争は激しい。Linuxでは強力なパートナーである米IBMや米HPはそれぞれ独自のOpenStackのディストリビューションを提供しており、PaaSでもOpenShiftではなく、もう一つのオープンソースPaaSソフト「Cloud Foundry」を採用している。

 米RedHatは、この状況をどう捉えているのか? 来日したジム・ホワイトハースト社長兼CEO、それにアレサンドロ・ペリーリ オープンハイブリッドクラウド部門長に聞いた。

 結論を先に書くと、(当たり前かも知れないが)焦りや戸惑いめいたものは一切なかった。自信の源泉は、クラウド関連ソフトウェアを牽引するのはオープンソース・ソフトウェア(OSS)であり、OSSの流儀に誰よりも精通するのがRedHatである、というところから来ているようだ。以下、一問一答でお伝えする。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】プライベートクラウドでは組織の成熟度が重要になる
  • 1
  • 2
関連キーワード

RedHat / IaaS / PaaS / OpenStack / OpenShift / Cloud Foundry

関連記事

「当面はIaaS、PaaSに集中する」─米RedHatのCEOにクラウド戦略を聞くクラウドコンピューティング分野で、IaaS基盤やPaaSのソフトウェアを巡るITベンダーの動きが活発になっている。この分野で注目企業の1社である米RedHatは現状をどう捉えているのか。

PAGE TOP