グローバル展開 グローバル展開記事一覧へ

[事例ニュース]

JVCケンウッド、グローバルの余剰資金を戦略的投資に集中投下へ

2014年10月21日(火)IT Leaders編集部

JVCケンウッドは、国内外子会社の資金をリアルタイムで管理するためのシステムを導入する。グループ全体における手持ち資金を可視化し、余剰資金の有効活用につなげることを目指す。サービスを提供するキリバ・ジャパンが、2014年10月21日に発表した。

JVCケンウッドは、24カ国で事業を展開している。その同社にとって、異なる通貨による余剰資金を集約したうえでグループ全体での財務戦略に投下するための体制作りは最重要の課題となっていた。

新システムの中核となる機能は、資金ポジション管理や資金繰り予測だ。これらにより、グループ各社の手持ち資金を可視化。全体の余剰資金を把握したうえで、設備増強やM&Aといった成長戦略への投資や有利子負債の返済に充当できるようになる。海外子会社の財務リスクを素早く察知できるメリットもある。

新システムは、キリバ・ジャパンのクラウド型財務管理・資金管理システムを利用して構築する。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 JVCケンウッド
業種 電気機器製造
導入システム グローバル財務管理システム
導入目的 余剰資金の成長戦略への投資、有利子負債の削減、資金繰り予測精度の向上
主な利用製品 「キリバ・エンタープライズ」


 

関連キーワード

製造 / エレクトロニクス / 財務管理 / キリバ

関連記事

JVCケンウッド、グローバルの余剰資金を戦略的投資に集中投下へJVCケンウッドは、国内外子会社の資金をリアルタイムで管理するためのシステムを導入する。グループ全体における手持ち資金を可視化し、余剰資金の有効活用につなげることを目指す。サービスを提供するキリバ・ジャパンが、2014年10月21日に発表した。

PAGE TOP