[事例ニュース]

日立金属、業務システムの無停止化でグローバル展開を加速へ

2014年10月20日(月)IT Leaders編集部

日立金属は、24時間365日安定稼働を図る新たなIT基盤として、プライベートクラウドを構築した。グローバルでの生産・販売体制を強化することが狙い。業務システムを順次、同基盤上に統合していく計画だ。製品を導入した日本オラクルが、2014年10月20日に発表した。

新基盤は、オラクル製のアプライアンスを用いて構築した。クラスタリングやストレージ仮想化技術を導入し、可用性を担保。24時間365日の安定稼働を目指す。

複製データベースをほぼリアルタイムで遠隔地に配置する機能も備える。障害が発生した際に最新の状態に近い時点までデータを回復可能になるため、事業継続性が高まる。

性能改善も期待する。試算によると、業務システムのレスポンスを最大120倍に向上できるという。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 日立金属
業種 金属製品・電子部品などの製造
導入システム プライベートクラウド
導入目的 可用性・信頼性向上、事業継続
主な利用製品 「Oracle Exadata Database Machine」
関連キーワード

製造 / 金属 / エレクトロニクス / プライベートクラウド / Oracle / Exadata

関連記事

日立金属、業務システムの無停止化でグローバル展開を加速へ日立金属は、24時間365日安定稼働を図る新たなIT基盤として、プライベートクラウドを構築した。グローバルでの生産・販売体制を強化することが狙い。業務システムを順次、同基盤上に統合していく計画だ。製品を導入した日本オラクルが、2014年10月20日に発表した。

PAGE TOP