[IoT時代に向けたデジタルマーケティングのデータ活用法]

【第4回】ソーシャルメディア・マーケティングのデータ活用法

2014年11月5日(水)飯野正紀、生嶋友貴(アイレップ)

前回までにB to B(企業間)、B to C(企業対個人)の顧客接点において、押さえておくべきデータと、その活用法について、それぞれ紹介した。今回は、B to BとB to Cの両方で効果的なマーケティングを目指す際に欠かせなくなっている「ソーシャルメディア・マーケティング」において、押さえておくべきデータと、その活用法を紹介する。

 第1回で述べたように、ブロードバンド環境が普及し始めた2000年代前半に、急速に普及したインターネットサービスの1つが、ブログやSNS(Social Networking Service:ソーシャルネットワーキングサービス)である。これらサービスの登場によって、利用者が、それぞれの生活体験や想い、製品/サービスの体験・評価などを発信し、シェアするようになった。それが現在、生活者の意思決定に大きな影響力を持っていることは、誰もが認めるところである。

 2010年以降、あらゆる生活空間で利用できるスマートフォンの普及と相まって、SNSの利用者は急増し続けている。図1にあるように、代表的なSNSであるFacebookの利用者数は、2012年3月時点で9億人に達している。さらに日本では、Facebook以上に、Twitterの利用者数が非常に多く、1400万人を超えている(図2)。

図1:世界のソーシャルメディア利用者数の推移。Facebookの利用者数は世界で9億人に達している図1:世界のソーシャルメディア利用者数の推移。Facebookの利用者数は世界で9億人に達している
拡大画像表示
ソーシャルメディア利用者数の推移(国内)。日本では、Facebookに加え、Twitterの利用者数が非常に多いソーシャルメディア利用者数の推移(国内)。日本では、Facebookに加え、Twitterの利用者数が非常に多い
拡大画像表示

 SNSの利用人口の増加と比例するように、様々なタイプのソーシャルメディアが登場している。ソーシャルメディアとは、相互に情報を発信し合い、人と人とのつながりを促進するコミュニティ型Webサービスのことだ。

 例えば、「食べログ」のようなレビュータイプのほか、「Yahoo!知恵袋」や「OKWave」などのQ&Aタイプ、そして近年よく利用されるようになってきた「NAVERまとめ」のようなキュレーションタイプなど、その特性も多様化が急速に進んでいる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】口コミを誘発するバズマーケティング
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
IoT時代に向けたデジタルマーケティングのデータ活用法一覧へ
関連記事

Special

-PR-

【第4回】ソーシャルメディア・マーケティングのデータ活用法前回までにB to B(企業間)、B to C(企業対個人)の顧客接点において、押さえておくべきデータと、その活用法について、それぞれ紹介した。今回は、B to BとB to Cの両方で効果的なマーケティングを目指す際に欠かせなくなっている「ソーシャルメディア・マーケティング」において、押さえておくべきデータと、その活用法を紹介する。

PAGE TOP