[基礎から分かる『EDI再入門』〜グローバル企業のビジネス情報連携方法〜]

【第1回】エコシステム時代にEDIがもたらすメリット

2014年11月6日(木)Rochelle P. Cohen(ロシェル・コーエン)

ICTの普及に伴い、企業の取引方法は常に変化し続けています。EDI(Electronic Data Interchange:電子データ交換)や、XML(eXtensible Markup Language:拡張マークアップ言語)、オンラインカタログなど、B2B(企業間)の電子商取引(EC:Electronic Commerce)は、世界中の企業との間で、多くの利益をもたらすビジネスパートナーとのコミュニティの統合を可能にしています。今日のビジネス環境において、B2B統合はビジネス成功への鍵の1つです。多くの企業は、電子的に取引ができない企業とは、ビジネスをしたいとは考えないでしょう。

【この記事で習得できる内容】

・EDIのメリット


 米デトロイトに本社を置く、あるメーカーはEDIを使って日本のサプライヤーと取引しています。ある日、発注書を送信したところ、在庫が不足している品目が記載された電子ドキュメントが戻ってきました。そこで直ちに、ブラジルにある代替サプライヤーに発注書を送信し対処しました。これらすべてが、わずか数秒で完了します。EDIが可能にする高レベルの可視化は、ビジネスの成功には不可欠です。

人を介したドキュメント処理はスピードを落としエラーを生む

 これまで多くの企業が、電子メールやFAXをB2Bの通信網に統合してきました。しかし、これらのプロセスには依然として人による処理が含まれるため、時間がかかり、エラーが起こりやすくなります(図1)。郵送によるプロセスには改善をもたらしたものの、eコマースが持つパワーと機能が欠けているからです。

図1:手動によるドキュメント交換のプロセス図1:手動によるドキュメント交換のプロセス
拡大画像表示

 手動のプロセスには、多くの紙や、人、そして時間が伴っています。郵便は遅く、紙のドキュメントは置き忘れたり紛失したりします。郵送されたり、FAXで受け取ったりしたドキュメントは、手動でコンピュータに再入力しなければならず、そうしたプロセスでは、しばしばエラーが発生します。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】紙に関連するすべての費用を削減
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
基礎から分かる『EDI再入門』〜グローバル企業のビジネス情報連携方法〜一覧へ
関連記事

【第1回】エコシステム時代にEDIがもたらすメリットICTの普及に伴い、企業の取引方法は常に変化し続けています。EDI(Electronic Data Interchange:電子データ交換)や、XML(eXtensible Markup Language:拡張マークアップ言語)、オンラインカタログなど、B2B(企業間)の電子商取引(EC:Electronic Commerce)は、世界中の企業との間で、多くの利益をもたらすビジネスパートナーとのコミュニティの統合を可能にしています。今日のビジネス環境において、B2B統合はビジネス成功への鍵の1つです。多くの企業は、電子的に取引ができない企業とは、ビジネスをしたいとは考えないでしょう。

PAGE TOP