[基礎から分かる『EDI再入門』〜グローバル企業のビジネス情報連携方法〜]

【第5回】EDI ドキュメントと最新のグローバル標準

2015年1月8日(木)Rochelle P. Cohen(ロシェル・コーエン)

EDI(Electronic Data Interchange:電子データ)で扱うドキュメントは、簡単に言えば、紙の標準書式に書かれたドキュメントの電子版です。2つの企業が、同じEDI標準フォーマットを使ってビジネスドキュメントを作成することで、両社のコンピュータは同じ言語を“話せる”ことになります。コンピュータ同士が会話できる、すなわちEDIドキュメントを交換できれば、そのプロセスに人が介在する必要はありません。今回は、EDIドキュメントの業界標準について説明します。

【この記事で習得できる内容】

・EDI ドキュメントを交換する際の EDI 標準の意味合い
・調達から支払いまで、受注から入金まで、製造、物流、金融などのビジネスプロセスで最も一般的に使用される EDI ドキュメント


 世界では多くの EDI 標準が利用されています。北米で最も一般的に使用されている標準が「ANSI X12」です。北米以外の地域では「EDIFACT」がよく使割れています。

 XML(eXtensible Markup Language)がEDI標準であるかどうかについては、まだ混同があるようです。XML は、EDIの標準ではありません。XMLは、ANSIやEDIFACTで定義されたドキュメントを含め、ビジネスドキュメントを定義/構成する際に、企業に高い柔軟性を提供する強力な言語です。

 XMLとEDIの構造上の主な違いは、EDIがファイル内のデータの位置を決定する厳格なルールに基づくのに対し、XMLファイルのデータは特定の位置と結び付けられてはいない点です。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】医療や電子機器などは業種固有の標準を持つ
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
基礎から分かる『EDI再入門』〜グローバル企業のビジネス情報連携方法〜一覧へ
関連記事

【第5回】EDI ドキュメントと最新のグローバル標準EDI(Electronic Data Interchange:電子データ)で扱うドキュメントは、簡単に言えば、紙の標準書式に書かれたドキュメントの電子版です。2つの企業が、同じEDI標準フォーマットを使ってビジネスドキュメントを作成することで、両社のコンピュータは同じ言語を“話せる”ことになります。コンピュータ同士が会話できる、すなわちEDIドキュメントを交換できれば、そのプロセスに人が介在する必要はありません。今回は、EDIドキュメントの業界標準について説明します。

PAGE TOP