[事例ニュース]

三井住友建設、オールフラッシュ製品で仮想デスクトップを高速化

2014年11月6日(木)IT Leaders編集部

三井住友建設は、デスクトップ仮想化環境の基盤としてフラッシュメモリ搭載ストレージを導入した。仮想デスクトップの増加に伴う性能劣化を改善することが狙い。製品開発元であるピュア・ストレージ・ジャパンが2014年11月5日に発表した。

同社は2012年6月から、デスクトップ仮想化を段階的に進めている。通信環境が貧弱な建設作業拠点においても、業務システムを円滑に利用できるようにすることが目的だ。

しかし、仮想デスクトップが100台を超えたころから性能問題が顕在化。「デスクトップやブラウザの起動が遅い」「Windowsアップデートに1時間かかる」「再起動すると30分間は利用できなくなってしまう」など、業務に支障を与える現象がしばしば発生するようになった。

調査の結果、こうした性能劣化はストレージに起因することが判明した。そこで、既存のファイル・ストレージに代えて、ピュア・ストレージ・ジャパン製のオールフラッシュストレージを導入することを決めた。

新規導入したストレージの遅延は1ミリ秒以下と低いため、仮想デスクトップの利便性が大幅に向上した。具体的には、ブラウザを数秒で立ち上げられるようになった。従来は1分程度かかっていた。デスクトップ再起動にかかる時間も、30分から2分程に短縮。このほか、Windowsアップデートを15分で完了できるようになった。

東京エレクトロン デバイスが構築を支援した。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 三井住友建設
業種 建設
導入システム ストレージ
導入目的 性能改善
主な利用製品 「FA-420」(ピュア・ストレージ・ジャパン)
関連キーワード

建設 / VDI / フラッシュストレージ / PureStorage

関連記事

三井住友建設、オールフラッシュ製品で仮想デスクトップを高速化三井住友建設は、デスクトップ仮想化環境の基盤としてフラッシュメモリ搭載ストレージを導入した。仮想デスクトップの増加に伴う性能劣化を改善することが狙い。製品開発元であるピュア・ストレージ・ジャパンが2014年11月5日に発表した。

PAGE TOP