[インタビュー]

今後の企業モバイル戦略に不可欠な「2つの流儀のIT」―米ガートナー ニック・ジョーンズ氏

2014年11月6日(木)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

スマートフォン、タブレット、そしてウェアラブルといったテクノロジーの著しい進化が、企業におけるモバイル活用の常識を変えつつある。今、企業は顧客や自社の従業員に対し、どんなスタンスをもってそれぞれにとって最適な利用体験を提供していけばよいのか。米ガートナーリサーチ部門バイスプレジデント兼最上級(Distinguished)アナリストのニック・ジョーンズ(Nick Jones)氏に話を聞いた。

ビジネスITとモバイルの重なり

――企業でのモバイル戦略策定の重要性が叫ばれて久しい。ビッグデータやIoTなどといった、企業コンピューティングにおける最近のトレンドが、このテーマにどんな変化を与えているのか。

 エンタープライズITの世界とモバイルの世界がさらに接近し、重なり合い始めた。IoTで言えば、センシング機能を搭載した車や家電、活動量計などが「スマートオブジェクト」となって、モバイルデバイスやアプリケーションと対話するようになった。あと7、8年すれば、家やオフィスの中を見渡したとき、実に100以上のスマートオブジェクトがスマートフォンやタブレットと対話しているような時代になるだろう。

 ビッグデータもそう。今日、我々はモバイルデバイスから大量の情報を得て、大量の情報を発信している。それで企業は、リアルタイムで顧客の行動や嗜好を把握できるようになった。こういうところに、ビッグデータとモバイルの重なりを見ることができる。

米ガートナーリサーチ部門バイスプレジデント兼最上級アナリストのニック・ジョーンズ氏

――モバイルファーストというより、もはやモバイルが前提というところまで来ていると。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】今やモバイルは「戦略より戦術」
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
関連キーワード

Gartner / CIO / CDO / デジタライゼーション / スマートデバイス / デジタルビジネス

関連記事

今後の企業モバイル戦略に不可欠な「2つの流儀のIT」―米ガートナー ニック・ジョーンズ氏スマートフォン、タブレット、そしてウェアラブルといったテクノロジーの著しい進化が、企業におけるモバイル活用の常識を変えつつある。今、企業は顧客や自社の従業員に対し、どんなスタンスをもってそれぞれにとって最適な利用体験を提供していけばよいのか。米ガートナーリサーチ部門バイスプレジデント兼最上級(Distinguished)アナリストのニック・ジョーンズ(Nick Jones)氏に話を聞いた。

PAGE TOP