[韓国ICT事情]

オープンデータへの取り組みで
2017年に世界トップ5を目指す

2014年10月30日(木)李 東源

電子政府の推進などを筆頭にICT活用を積極的に進める韓国。現地メディアの報道から、韓国の官民の最新動向をピックアップして紹介します。

オープンデータへの取り組みで
2017年に世界トップ5を目指す

──デジタルタイムズ 2014年9月16日

 政府は、2017年までにオープンデータに関して世界トップ5になる目標を掲げ、高価値、高需要のデータを優先してオープン化していく計画である。データの品質管理強化のために「公共オープンデータのサービス提供ガイドライン」を作成。それに基づきながら駐車場や公園などの重要100データをオープンにする。

 9月16日、安行部は国務総理が主管する「公共データ戦略委員会」の議決を経て「公共オープンデータ発展戦略」を発表した。戦略実現のため、企業・行政機関・専門家で構成する「官民タスクフォース」を構成し、具体的なオープン対象、提供リスト、方式などを決定する。

 政府はタスクフォースの決定により、住民、法令、電子調達、国税、国民年金、公務員年金、建築行政、健康保険診療審査、自動車、社会福祉統合ネットワークなどの公共データの中から重点オープンデータ30種を選定し、オープン化する計画である。各機関で生成されたデータがより簡単に「公共データポータル(data.go.kr)」に登録/流通されるよう、連携と供給標準も提示する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】住民番号制度改善に6つの代案
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
韓国ICT事情一覧へ
関連記事

オープンデータへの取り組みで2017年に世界トップ5を目指す電子政府の推進などを筆頭にICT活用を積極的に進める韓国。現地メディアの報道から、韓国の官民の最新動向をピックアップして紹介します。

PAGE TOP