[事例ニュース]

ニューデリーのホテル、犯罪者検知に日本製の顔認証システムを活用へ

2014年12月3日(水)IT Leaders編集部

インドのホテルグループであるLemon Tree Hotelsは、顧客の安全確保とサービス向上を目指して顔認証システムを導入。ニューデリーにあるインディラ・ガンディー国際空港近くに立地する系列ホテルで利用を開始した。顔認証技術を提供し、構築を担当したNECが2014年11月27日に発表した。

NECの顔認証技術を用いて構築した新システムは、大量の顔画像の中から任意の顔画像を検索し、同一人物であるかを判定する機能を備える。具体的には、ホテル内に設置したカメラに映った人物の映像を、犯罪者データベースとリアルタイムに照合。データベース内の人物と同一であると判定した際に、アラートを発する。犯罪者データベースは、警察から提供を受ける。

カメラ映像は、自社の顧客データベースとも照合する。特定優良顧客の来訪をいち早く察知し、その顧客のニーズに合ったサービスを素早く提供するためだ。優良顧客をより手厚く迎えることで満足度を高め、リピート率を向上させる効果を見込む。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 Lemon Tree Hotels
業種 ホテル
導入システム 顔認識システム
導入目的 顧客の安全性確保、サービス向上
主な利用製品 NEC製の顔認識ソリューション


 

関連キーワード

サービス業 / ホテル / インド / 顔認識 / NEC

関連記事

ニューデリーのホテル、犯罪者検知に日本製の顔認証システムを活用へインドのホテルグループであるLemon Tree Hotelsは、顧客の安全確保とサービス向上を目指して顔認証システムを導入。ニューデリーにあるインディラ・ガンディー国際空港近くに立地する系列ホテルで利用を開始した。顔認証技術を提供し、構築を担当したNECが2014年11月27日に発表した。

PAGE TOP