[CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ]

【第14回】SaaSを「使う」か、PaaSで「作る」のかの選択を

2014年12月15日(月)大和 敏彦(ITi代表取締役)

クラウド化がますます加速している。前回は、米国ではパブリッククラウドが、より広いエンタープライズ市場を目指してサービスを拡充していることや、利用企業のプライベートクラウド構築を支援するSI(System Integrator)事業者の動きを取り上げた。今回は、こうした動きの中で、利用企業は必要なアプリケーションをどう準備することになるのかを考えてみたい。

図1:アプリケーションにおける「使う」と「作る」の選択肢図1:アプリケーションにおける「使う」と「作る」の選択肢
拡大画像表示

 クラウドコンピューティングがITに対し「作る」から「使う」へのシフトをうながすことは、本連載で何度も指摘してきた。クラウド上で利用するアプリケーションに対しても、同様に「作る」と「使う」の選択肢がある。すなわちアプリケーションを自ら開発するのか、クラウドサービスであるSaaS(Software as a Service)を使うのかである(図1)。

 まずSaaSの国内動向の参考として、2014年10月3日にASP・SaaS・クラウドコンソーシアム(ASPIC)が実施した「第8回 ASP・SaaS・クラウドアワード2014」における「ASP・SaaS部門」へのアワード応募企業の経営状況を見てみよう。

 アワード応募者のサービスの売り上げは、5億円以上が10%、5000万~5億円が36%、5000万円以下が45%だった。SaaS事業者の1社当たり売上高は年々増加している。分野別では、社会・業界特化系が毎年伸びている。広範囲で使われるアプリケーションのSaaS化と、業界ノウハウをベースに開発したSaaSが広がりつつあることが分かる。

 IaaS(Infrastructure as a Service)環境のコモディティ化に伴って、SaaS市場への参入が容易になっている。並行して、様々なサービスを備えた開発環境が進化している。これらにより、大企業が自社ノウハウやユースウェアを使ってSaaSを始めたり、アイデアを持つベンチャー企業がSaaS用にアプリケーションを開発してサービスを開始したりする流れが出てきている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】人工知能機能の付加で既存アプリが“知的”に
  • 1
  • 2
バックナンバー
CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ一覧へ
関連記事

【第14回】SaaSを「使う」か、PaaSで「作る」のかの選択をクラウド化がますます加速している。前回は、米国ではパブリッククラウドが、より広いエンタープライズ市場を目指してサービスを拡充していることや、利用企業のプライベートクラウド構築を支援するSI(System Integrator)事業者の動きを取り上げた。今回は、こうした動きの中で、利用企業は必要なアプリケーションをどう準備することになるのかを考えてみたい。

PAGE TOP