[ゼロからわかるiBeacon]

iBeaconがなぜ注目を集めるのか

第1回

2015年2月17日(火)中居 郁

昨今、「iBeacon」という言葉を耳にする機会が増えました。いったいどんなテクノロジーなのだろうかと気になっている読者も多いはず。この連載では、iBeaconの概要とビジネス利用の可能性について紹介します。

 昨今、「iBeacon」という言葉を耳にする機会が増えました。いったいどんなテクノロジーなのだろうかと気になっている読者も多いはずです。

 iBeaconは、米アップル社が提供するサービス・商標です。「ビーコン」と呼ぶ機器を使って、iPhoneやiPadといったiOSデバイスがどこにあるかを特定する仕組みを提供します。iOS7以降のバージョンで利用可能になりました。技術的な仕組みは次回に譲りますが、iBeaconを使うと、以下の2つが可能になります。

iOSデバイスがビーコンの領域内に入ったこと、出たことを検知する

 ビーコンの領域にiOSデバイスが入ってきたこと、出て行ったことを検知します。デバイスを検知できる範囲はビーコンが発する電波の強さによりますが、概ね半径数十センチ〜数十メートル程度だと考えてください。

iOSデバイスのビーコンからの距離を3段階で検知する

 ビーコンの領域内にいるiOSデバイスと、ビーコンの間の距離を「遠い」「近い」「非常に近い」の3段階で検知できます。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ゼロからわかるiBeacon一覧へ
関連記事

iBeaconがなぜ注目を集めるのか昨今、「iBeacon」という言葉を耳にする機会が増えました。いったいどんなテクノロジーなのだろうかと気になっている読者も多いはず。この連載では、iBeaconの概要とビジネス利用の可能性について紹介します。

PAGE TOP