[ユーザー事例]

アサヒグループホールディングス、中堅グループ企業の基幹システムを刷新

2014年12月15日(月)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

アサヒグループホールディングスは、ニッカウヰスキーや和光堂などグループ中堅企業5社の業務システム刷新を進める。これまで各社が個別に導入してきたシステムをパッケージソフトでリプレース。グループ内で標準化し、ITコストの削減を図る。業務プロセスの効率化も並行して進める。アサヒグループホールディングスの齋藤宏樹氏に聞いた。

アサヒホールディングス 齋藤氏アサヒグループホールディングス IT部門 マネジャー 齋藤宏樹氏

 アサヒグループは2011年、ホールディングス体制へ移行。以後、コスト削減や業務プロセス改革を目的として、各事業会社のIT資産の統合や標準化を進めている。

 第4次中期経営計画(2010年~2012年)では、アサヒビールやアサヒソフトドリンク、カルピスなどの業務システムを標準化した。続く2012年~2015年の中期経営計画では、グループ中堅企業5社の業務システム統一に着手。目下、取り組みは佳境を迎えているところだ。

 対象はニッカウヰスキー、天野実業、和光堂、アサヒフードアンドヘルスケア、エルビーの5社。個別導入していた販売物流、生産購買、原価管理などのシステムを東洋ビジネスエンジニアリングの基幹業務パッケージ「MCFrame」に置き換える。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

アサヒグループホールディングス、中堅グループ企業の基幹システムを刷新アサヒグループホールディングスは、ニッカウヰスキーや和光堂などグループ中堅企業5社の業務システム刷新を進める。これまで各社が個別に導入してきたシステムをパッケージソフトでリプレース。グループ内で標準化し、ITコストの削減を図る。業務プロセスの効率化も並行して進める。アサヒグループホールディングスの齋藤宏樹氏に聞いた。

PAGE TOP