[ユーザー事例]

テクノ・セイフティ、タブレットを活用しワークライフバランスを実現

2014年12月24日(水)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

自動車事故の調査を専門に手掛けるテクノ・セイフティが、タブレットを使った業務改革を進めている。調査案件を管理する業務システムを構築。タブレットを使って、調査に必要な情報を確認したり、調査結果を登録したりする仕組みを整えた。

タブレットの活用風景写真:テクノ・セイフティは自動車事故の調査業務にタブレットを導入。業務効率化とワークライフバランスの改善を図っている

 自動車事故が起きると損保会社は支払額を算定するため事故状況を調査する。どこで事故が起きたか、当時はどんな天候だったか、どこでブレーキを踏んだか…。道路幅やブレーキ痕を調べ、関係者に況を聞き、公正な視点で全容を明らかにする。

 こうした調査業務を損保会社に代わって担当するのが自動車事故調査会社と呼ばれる企業だ。テクノ・セイフティは、そうした企業の1社。2012年以降、業務効率化とワークライフバランスの実現を目的としてタブレットの活用を推し進めている。

 損保会社から依頼される調査は全国各地に及ぶ。そのためテクノ・セイフティは北海道から九州まで30を超える都道府県に担当者を配置。各調査員は自宅をオフィスとして活用し、本部の指示を受けて調査に出向く。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】社長交代後にシステム化を推進
  • 1
  • 2
関連記事

テクノ・セイフティ、タブレットを活用しワークライフバランスを実現自動車事故の調査を専門に手掛けるテクノ・セイフティが、タブレットを使った業務改革を進めている。調査案件を管理する業務システムを構築。タブレットを使って、調査に必要な情報を確認したり、調査結果を登録したりする仕組みを整えた。

PAGE TOP