[Gartner's Voice]

情報システム部門が注目すべき、2つの「ハイブリッド」

2014年12月16日(火)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

米ガートナーでバイスプレジデント 兼 最上級アナリストを務めるトム・ビットマン氏によれば、情報システム部門は2つの「ハイブリッド」に注目すべきだと言う。1つは、パブリッククラウドとプライベートクラウドを使い分けるハイブリッドクラウド。もう1つは、IT調達を仲介するブローカー「ハイブリッドIT」である。

トム・ビットマン氏米ガートナー
バイスプレジデント 兼 最上級アナリスト
トム・ビットマン氏

――アナリストの立場として、IT部門が今、強く意識しておくべきこととして“2つのハイブリッド”を挙げている。それらが何を指すのか、詳しく教えてほしい。

 今後、IT部門はソーシング戦略に2つの「ハイブリッド」を組み入れる必要がある。1つは「ハイブリッドクラウド」。もう1つは「ハイブリッドIT」だ。

 ハイブリッドクラウドは、複数のクラウドサービスを組み合わせて、1つのサービスを提供するものだ。例えば、システムの開発に用いる仮想マシン。普段はプライベートクラウド上で運用するが、リソースの状況に応じてパブリッククラウドに移す。バックエンドはユーザーから隠ぺいする。稼働場所の変更を意識させることはない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
Gartner's Voice一覧へ
関連記事

情報システム部門が注目すべき、2つの「ハイブリッド」米ガートナーでバイスプレジデント 兼 最上級アナリストを務めるトム・ビットマン氏によれば、情報システム部門は2つの「ハイブリッド」に注目すべきだと言う。1つは、パブリッククラウドとプライベートクラウドを使い分けるハイブリッドクラウド。もう1つは、IT調達を仲介するブローカー「ハイブリッドIT」である。

PAGE TOP