[技術解説]

注目集める「Docker」とは? アプリケーションが確実に動く環境を”イメージ”にまとめ自動配備

2014年12月19日(金)IT Leaders編集部

ここにきてPaaS(Platform as a Service)の領域で注目を集めているのがコンテナ技術の「Docker」。Dockerとは何なのか。「PaaSコンファレンス2014」(主催インプレス)の特別講演に登壇したレッドハットのクラウドエバンジェリストである中井 悦司 氏の講演から、Dockerの概要をまとめる。

写真:「PaaS カンファレンス2014」(主催インプレス)の特別講演でDocker について解説する中井 悦司レッドハット グローバルサービス本部 シニアソリューションアーキテクト写真:「PaaS カンファレンス2014」(主催インプレス)の特別講演でDocker について解説する中井 悦司レッドハット グローバルサービス本部 シニアソリューションアーキテクト

 PaaS(Platform as a Service)領域で、にわかに耳目にするようになったキーワードの1つが「Docker」である。世間では一般的にコンテナ技術の括りで解説されている。だが、それらの関係を誤認しているケースも少なからずある。

 Dockerはもともと、パブリックPaaSを提供していた北米のdotCloudのエンジニアが、自社のPaaS基盤を効率化するために開発したものだ。同社が2013年にDockerをオープンソースとして公開すると、その有効性が高く評価され、たちまち広まった。

 これを受けて同社は、2014年に社名を「Docker, Inc.」に改め、PaaSのサービスを提供するのではなく、Dockerを組み込んだ製品やサポートを提供する企業へと生まれ変わった。

OS/ライブラリ/フレームワーク…
実行環境を「コードイメージ」に

 Dockerは、PaaS環境をどのように効率化するのか。そもそもPaaSは、ユーザーが開発したコードをクラウド上にプッシュしさえすればアプリケーションを確実に稼働できる環境を提供するサービスとして期待されてきた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】開発やテストの効率化で実用化が進んでいる
  • 1
  • 2
関連記事

注目集める「Docker」とは? アプリケーションが確実に動く環境を”イメージ”にまとめ自動配備ここにきてPaaS(Platform as a Service)の領域で注目を集めているのがコンテナ技術の「Docker」。Dockerとは何なのか。「PaaSコンファレンス2014」(主催インプレス)の特別講演に登壇したレッドハットのクラウドエバンジェリストである中井 悦司 氏の講演から、Dockerの概要をまとめる。

PAGE TOP