[インタビュー]

「IT資産管理の合理化なくして“攻め”は具現化できない」──米LANDESKのCEO

2014年12月19日(金)川上 潤司(IT Leaders編集部)

IT資産管理を主軸に製品展開を図る米LANDESK。クラウドやモビリティが進む中で、どのような価値をユーザーに提供しようと考えているのか。来日した同社CEOのスティーブ・ダリー(Steve Daly)氏に近況を踏まえた戦略を伺った。

まずはLANDESKのコアビジネスについて伺いたい。

米LANDESKでPresident and CEOを務めるスティーブ・ダリー氏

 企業が保有するハードやソフトの数は膨大だ。システムライフサイクルに沿って計画的に入れ替えていくため、正しくライセンスを使ってコンプライアンスを維持するため、会計資産として正しく計上するため…色々な意味において、“実状”を把握することが欠かせない。ここで、人が台帳を作って“マニュアル”で管理するのは非現実的であり、効率的に対処するためのものとしてIT資産管理ツールがある。

 当社はこの領域を出発点に、すでに20年以上も事業を展開してきた。その間、セキュリティ管理、モビリティ管理、ITサービス管理などにポートフォリオを拡げ、ユーザー企業におけるガバナンスとユーザビリティの高度化に寄与してきたと自負している。

 多くの企業において、IT資産管理に実務を担うのはIT部門。なかなか要員数が増えない中で、ビジネスに直接的に貢献せよとのプレッシャーも日増しに高まっている。彼ら、彼女らが、より戦略的な仕事に注力できるようにするためにも、ハードやソフトに関わる日常的な管理業務の負荷は、可能な限り削減しなければならない。それを具現化するのが我々のミッションだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】仮想化環境やクラウドへの対応状況
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

IT資産管理 / LANDESK

関連記事

「IT資産管理の合理化なくして“攻め”は具現化できない」──米LANDESKのCEOIT資産管理を主軸に製品展開を図る米LANDESK。クラウドやモビリティが進む中で、どのような価値をユーザーに提供しようと考えているのか。来日した同社CEOのスティーブ・ダリー(Steve Daly)氏に近況を踏まえた戦略を伺った。

PAGE TOP