データセンター データセンター記事一覧へ

[市場動向]

2015年、日本のデータセンターが目指すベクトルを考える

2015年1月5日(月)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

データセンター市場自体の成長性やグローバルレベルでの競争力は、その国や企業の発展にもかかわる重要なテーマである。北米やアジアの海外勢が勢いを増す中、日本のデータセンターはこれからどうあるべきなのか。2015年を迎えた今、日本のデータセンターが目指すベクトルについて、あらためて考えてみたい。

「データ」こそが企業の競争優位性の源泉

 データの収集・管理・活用のレベルが数年前とは比較にならないほどまでに高まり、その巧拙が企業経営に多大な影響を与えるようになった。今は、あらためてデータの時代だと言える。

 かつて、企業が業務の情報化に取り組み始めた頃、高価なハードウェアやアプリケーションに投資すれば、それだけでもある程度の競争優位を築くことができた。だがその後、ITが劇的に進化し成熟を遂げると、多くの技術・製品がコモディティ化し、そうした“器(うつわ)”への投資だけでは競合他社との差別化を図れなくなっていった。 ならば、器の“中身”、すなわちデータへの着目と高度活用こそが競争優位の源泉となる、という流れだ。

 こうして多くの企業がデータ活用のレベルを上げていくにあたり、データの格納・管理を司るデータセンターも当然にレベルアップが要求される。一般的なユーザー企業が持ちえない高度なノウハウの下、大量・多種のデータやシステムをセキュアに格納・管理するのは基本の機能だ。処理性能・信頼性・コストのバランスをとりながら、ユーザーの高度な要求にこたえて、高い満足度を与えられるかが今の事業者に問われている。

グローバルの中での日本のデータセンター

 本題に入ろう。グローバル全体における日本のポジションが低下傾向にある中、日本経済が勢いを取り戻していくにあたって、国や企業の情報管理基盤たるデータセンターやクラウドサービスの役割はことのほか大きい。以下、国内データセンター市場・業界の成長性について、グローバルの中での日本市場という観点から考察してみる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】課題から考える、日本のデータセンターが目指すベクトル
  • 1
  • 2
関連キーワード

データセンター / ITインフラ

関連記事

2015年、日本のデータセンターが目指すベクトルを考えるデータセンター市場自体の成長性やグローバルレベルでの競争力は、その国や企業の発展にもかかわる重要なテーマである。北米やアジアの海外勢が勢いを増す中、日本のデータセンターはこれからどうあるべきなのか。2015年を迎えた今、日本のデータセンターが目指すベクトルについて、あらためて考えてみたい。

PAGE TOP