[インタビュー]

「マイクロサービスをPaaSとコンテナ技術が可能にする」米RedHatのJBoss責任者

2015年1月6日(火)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

PaaS(Platform as a Service)市場に向けて、OSS(Open Source Software)である「OpenShift」のディストリビューションを展開する米RedHat。同社は、OpenShiftに自社が保有するJBossミドルウェア群を組み合わせる「xPaaS」戦略を打ち出している。xPaaSの狙いや、その先にある「マイクロサービス」について、米本社ミドルウェア事業部門長のMike Piech(マイク・ピーチ)氏に聞いた。(聞き手は志度昌宏=IT Leaders編集部)

米RedHatミドルウェア事業部門長のMike Piech(マイク・ピーチ)氏米RedHatミドルウェア事業部門長のMike Piech(マイク・ピーチ)氏

−−日本のクラウド活用では、IaaS(Infrastructure as a Service)とSaaS(Software as a Service)の利用が先行し、PaaS(Platform as a Service)の位置づけがあいまいになっている。海外のユーザー企業はPaaSをどのように使っているのか。

 PaaSの利用で最も先行しているのは北米の企業ではあるが、それでも、まだまだ初期段階にあるのが現状だ。これは、世界のどの地域をみても変わらない。

 ただ、開発者の生産性が高まる、非常に短期間に優れたアプリケーションを開発できるという事実は、説得力がある。そのため、できるだけ早く実現するために、試用しプルーフポイントを得て、どんどんケーススタディを作ろうという機運は高まっている。

 本当に初期段階なので、PaaSベンダーの誰がマーケットシェアを獲得しているのかを示せる数字や指標もない。しかしRedHatの「OpenShift」が企業のアプリケーション開発に利用できるPaaSとしては最も先進的だと自負している。その裏付けの1つが、OpenShiftをベースにした「xPaaS」戦略であり、それを実現するためのJBossミドルウェアの存在だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】アプリケーションが立ち上がればPaaSの役割は終了
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

「マイクロサービスをPaaSとコンテナ技術が可能にする」米RedHatのJBoss責任者PaaS(Platform as a Service)市場に向けて、OSS(Open Source Software)である「OpenShift」のディストリビューションを展開する米RedHat。同社は、OpenShiftに自社が保有するJBossミドルウェア群を組み合わせる「xPaaS」戦略を打ち出している。xPaaSの狙いや、その先にある「マイクロサービス」について、米本社ミドルウェア事業部門長のMike Piech(マイク・ピーチ)氏に聞いた。(聞き手は志度昌宏=IT Leaders編集部)

PAGE TOP