[新製品・サービス]

SAS、IIJ、ジールが中堅企業向けのデータ分析・可視化クラウドの提供で協業

2015年1月16日(金)IT Leaders編集部

SAS Institute Japan(SAS)、インターネットイニシアティブ(IIJ)、ジールの3社は2015年1月14日、クラウド上で企業の経営に求められるデータを分析・可視化する「クラウド・アナリティクス・ソリューション」を中堅企業向けに提供することで協業を行うと発表した。

 3社の協業によるクラウド・アナリティクス・ソリューションは、SASのセルフサービス型アナリティクスおよびBI製品、IIJのクラウド基盤および運用技術、ジールが有するBIシステムの構築・活用ノウハウを連携させたソリューションとして提供される。

 3社は、協業の背景として、中堅企業におけるデータ分析・活用ニーズの高度化と、これらの企業が抱える現状の課題を挙げる。昨今、経営課題の解決及び市場機会への投資判断など、中堅企業においても経営にデータをより積極的に活用することが求められているが、そのためには過去のデータ分析や集計だけのBI環境ではなく、将来予測などビジネス課題解決型アナリティクスの活用が必要になる。しかし、中堅企業では、人材の不足、データ管理、システム基盤整備の課題があり、アナリティクス導入のハードルとなっている。

 上述の課題にこたえるものとしてクラウド・アナリティクス・ソリューションは、ハードウェア調達やソフトウェア選定が不要なのは当然として、ユーザーのデータ解析に適した統計手法の設計とその運用のノウハウまでが組み込まれているのが特徴だという。ユーザー企業は自社にとっての重要なデータを準備することで、そこから知見を得て経営に生かせるようになる。

 クラウド・アナリティクス・ソリューションの稼働基盤は、IIJのクラウドサービス「IIJ GIOサービス」である。同基盤上にSASのセルフサービス型データ探索製品「SAS Visual Analytics」を組み込んだデータ分析環境が構築され、BIシステムの導入およびデータ分析のコンサルティングサービスと共に提供される。

 データ分析環境の構成として、専有型のクラウド環境に、大量データの分析処理が可能なHadoopや、データウェアハウス向けデータベース製品の「Greenplum Database」が併せて提供される。また、収集したデータの活用にあたり、KPI(重要業績評価指標)の決定から効果測定まで一連のサイクルをジールがサポートする。3社はこれらにより、データ活用を新たに始めたい企業や、ビックデータを対象とした高度な分析・予測・統計解析に取り組みたい企業を支援するとしている。

 実証検証(PoC)環境は、最大2カ月間利用することが可能で、その価格は150万円から。本番環境は初期費用が475万円から、月額費用が30万円からとなっている。

クラウド・アナリティクス・ソリューションの概要(出典:SAS Institute Japan)
拡大画像表示

 

関連キーワード

IIJ / SAS / ジール / Hadoop

関連記事

SAS、IIJ、ジールが中堅企業向けのデータ分析・可視化クラウドの提供で協業SAS Institute Japan(SAS)、インターネットイニシアティブ(IIJ)、ジールの3社は2015年1月14日、クラウド上で企業の経営に求められるデータを分析・可視化する「クラウド・アナリティクス・ソリューション」を中堅企業向けに提供することで協業を行うと発表した。

PAGE TOP