CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[河原潤のITストリーム]

2015年、IT投資のあり方とIT部門の役割を改めて考える:第47回

ITR「国内IT投資動向調査2015」より

2015年1月19日(月)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

昨今、企業のIT部門は十分な予算の下で効果的なIT投資を行えているのでしょうか。そもそも、今のIT部門にはどんな役割が期待されているのでしょうか。このきわめて根源的なテーマについて、アイ・ティ・アール(ITR)が実施した「国内IT投資動向調査2015」に現れた特徴的な傾向を取り上げながら考えてみたいと思います。

 企業内におけるIT部門の役割・ポジションは、経営環境や技術・製品の潮流の変化などに大きく影響を受けながら、時代ごとに移り変わってきました。また、どの領域にどれほどのお金を投じるかのIT投資も、クラウドサービスのような新しい選択肢も加わる中で、判断基準やマインドに変化が見られます。

 IT投資動向調査は、国内企業でIT意思決定に携わる役職者を対象に、ITRが2001年度より年次で実施しているユーザー動向調査です(2015年度は2014年10月に約3500社を対象に実施/有効回答数1095件)。IT予算の増減傾向や戦略投資の比率、重視するテーマとその実施率、IT支出の決定権などの実態を尋ねており、今、CIOや情報システム部の部長・課長クラスがどのような戦略・方針でIT部門を組織し各種施策を実行しているのかと、その活動の動向が経年でどのように変化しているのかを浮かび上がらせています。

IT予算は再び抑制傾向へ

 IT部門の年間活動内容を決定づけるIT予算の増減動向は、たいへんに気になるところでしょう。IT投資動向調査2015によると、2014年度に「IT予算を増額した」と回答した企業の割合は23.1%。2013年度の31.6%から8ポイントの大幅な下落になっています。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】戦略投資比率は前年よりやや上昇も、“3:7比率”を脱せず
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
河原潤のITストリーム一覧へ
関連キーワード

IT投資 / IT部門 / CIO

関連記事

2015年、IT投資のあり方とIT部門の役割を改めて考える:第47回昨今、企業のIT部門は十分な予算の下で効果的なIT投資を行えているのでしょうか。そもそも、今のIT部門にはどんな役割が期待されているのでしょうか。このきわめて根源的なテーマについて、アイ・ティ・アール(ITR)が実施した「国内IT投資動向調査2015」に現れた特徴的な傾向を取り上げながら考えてみたいと思います。

PAGE TOP