[真のグローバルリーダーになるために]

【第2回】従来の人材像定義ではグローバルリーダーにはなれない

2015年1月23日(金)海野 惠一(スウィングバイ代表取締役社長)

日本ITCソリューションの課長である佐々木は、三森事業部長から香港出張の命令を受けた。だが、今回の入札案件については、互いに口に出さなかったものの、三森、佐々木の2人ともが勝ち目がないと思っていた。一方で佐々木は「なんとかならないだろうか」という気持ちもあった。中国企業が日本企業と違って、こうした入札に強い背景には、その人事体制が全く異なることがあった。

 中国企業の人事システムは日本企業のそれとは全く異なる。例えば、50%の売上増という目標に対し中国企業は、たとえ未達であっても、日本企業のような減点主義は採用せず、本人の能力を評価する。そのため担当役員は強気だ。経営スタンスが日本企業とは全く違うため、海外に進出し日本企業が対抗しても歯が立たないケースが多々ある。

 どの日本企業も、海外での営業は極めて厳しい状況だ。「中国企業から採算割れの攻勢があり負けました」という話は、佐々木の耳にも良く入ってくる。勝ち目がないとは分かっていても、今回ばかりは何とかして勝てないものかと思案しつつ、佐々木は香港に向かうことにした。

図1:アジアを含め世界への玄関口の機能が高まる羽田国際空港(撮影:Swingby)図1:アジアを含め世界への玄関口の機能が高まる羽田国際空港(撮影:Swingby)

 2014年5月11日、8時55分発のNH859便に乗るため、佐々木は羽田に6時45分に着いた(図1)。いつも朝5時に起きているので、朝が早い分には問題がない。今朝も1時間、日課である英BBCの時事問題番組「Panorama」を聞いてから、自宅を出た。彼の自宅は港区田町なので、羽田まではタクシーで30分で着く。

 チェックイン後は、ANAのラウンジで仕事をすることにしている。羽田のラウンジは狭いが、成田より近いので、いつも羽田を利用するようにしている。昨晩は遅くまで今回の打ち合せ資料に目を通してみた。だが、通し切れなかったので、このラウンジで残りの資料に目を通すことにした。もともと勝てそうにない戦いをどう勝つのか。しかしながら、どう考えても勝てそうにはなかった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】会社が認める人材でも現地で”仲間の輪”に入れない
  • 1
  • 2
バックナンバー
真のグローバルリーダーになるために一覧へ
関連記事

【第2回】従来の人材像定義ではグローバルリーダーにはなれない日本ITCソリューションの課長である佐々木は、三森事業部長から香港出張の命令を受けた。だが、今回の入札案件については、互いに口に出さなかったものの、三森、佐々木の2人ともが勝ち目がないと思っていた。一方で佐々木は「なんとかならないだろうか」という気持ちもあった。中国企業が日本企業と違って、こうした入札に強い背景には、その人事体制が全く異なることがあった。

PAGE TOP