[真のグローバルリーダーになるために]

【第3回】外国人のビジネス仲間に、なぜ日本人はなれないのか?

2015年2月6日(金)海野 惠一(スウィングバイ代表取締役社長)

香港のホテルに到着した日本ITCソリューション課長の佐々木。ほとんど勝機がない入札案件について考える中で、「グローバルリーダーとは何か」に対する山下塾の木元塾頭の講義を思い出した。会社では「英語ができ、専門的な知識があり、仕事ができる」ことが条件とされたが、木元塾頭は、それでは不十分だという。グローバルリーダーのあるべき姿に達成するために、日本人に何が欠けているというのか。

 ビジネスにかつためのリーダーこそが、グローバルリーダーだと言う木元塾頭は、そんなリーダー像について、話を続けた。

 「今、マレーシアとシンガポールを結ぶ高速鉄道の入札が話題になっています。そこに日本も入札するのでしょうが、そこで勝つために必要な能力は何でしょうか?そして、勝つためにはバイヤーや強豪相手に対して要求される交渉能力は何でしょうか。

 そもそも、私がコンサルティングを始めてから40年以上になります。昔から、どこの企業も人材のグローバリゼーションを経営課題に挙げてきました。ですが、どの企業も人材のグローバル化を達成できたという話は聞いたことがありません。それはなぜでしょうか?」

 塾頭がこんな質問を私に投げてきたことを思い出した。その質問を佐々木は頭の中で今一度、反芻してみた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】「なんでも経験」する駐在だけでは”遊び“と同じ
  • 1
  • 2
バックナンバー
真のグローバルリーダーになるために一覧へ
関連記事

【第3回】外国人のビジネス仲間に、なぜ日本人はなれないのか?香港のホテルに到着した日本ITCソリューション課長の佐々木。ほとんど勝機がない入札案件について考える中で、「グローバルリーダーとは何か」に対する山下塾の木元塾頭の講義を思い出した。会社では「英語ができ、専門的な知識があり、仕事ができる」ことが条件とされたが、木元塾頭は、それでは不十分だという。グローバルリーダーのあるべき姿に達成するために、日本人に何が欠けているというのか。

PAGE TOP