[新製品・サービス]

日立、クラウドサービス提供拠点とMicrosoft Azureを高速・安定的に接続するサービスを提供

2015年1月15日(木)IT Leaders編集部

日立製作所は2015年1月15日、同社のクラウドサービス提供拠点「Hitachi Cloudセンタ」とマイクロソフトのパブリッククラウドサービス「Microsoft Azure」を高速、かつ安定的に接続するネットワークサービス「クラウド間接続サービス for Microsoft Azure」の提供を開始した。

 コスト削減のみならず、世の変化にしなやかに追随し得るIT基盤としてクラウドサービスの本格活用に踏み出す企業が増えているのは周知の通り。昨今では、パブリックとプライベート環境の連携、さらには複数のパブリッククラウドの組み合わせなどに関心を示す動きもある。

 こうしたニーズに応えるものとして日立が発表したのが「クラウド間接続サービス for Microsoft Azure」だ。マイクロソフトが1月15日に国内提供を開始したAzureの閉域網接続サービス「ExpressRoute」(Azureと、ユーザーのデータセンター/社内システムを専用線でつなぐサービス)に即日対応、「Hitachi Cloudセンタ」とAzureを専用線で接続するもの。これにより、日立が運用管理するマネージドクラウドとAzureをセキュアに相互利用することが可能となる。日立は今後、Azureと連携したクラウド環境を検討する企業を対象に、コンサルティングから設計・構築・運用までをワンストップで提供する。

 

関連キーワード

日立製作所 / Microsoft / Azure

関連記事

日立、クラウドサービス提供拠点とMicrosoft Azureを高速・安定的に接続するサービスを提供日立製作所は2015年1月15日、同社のクラウドサービス提供拠点「Hitachi Cloudセンタ」とマイクロソフトのパブリッククラウドサービス「Microsoft Azure」を高速、かつ安定的に接続するネットワークサービス「クラウド間接続サービス for Microsoft Azure」の提供を開始した。

PAGE TOP