[新製品・サービス]

日立ソリューションズ、仮想環境における非Windows端末の認証機能を強化

2015年1月21日(水)IT Leaders編集部

日立ソリューションズは2015年1月21日、同社の「統合認証・アクセス管理ソリューション」において、指静脈認証装置とSSO(Single Sign On)ソフトウェアが米VMwareの仮想デスクトップ環境「VMware Horizon(with View)」で動作することを検証し、「セキュア端末 認証強化ソリューション」として提供を始めたと発表した。非Windows端末を対象にしたセキュアな認証が可能になる。

 VMware Horizon(with View)での動作を検証したのは、指静脈認証装置「静紋 J300(静紋)」と、SSO(Single Sign On)ソフトウェアの「SRGateクライアントエージェント(SRGateCA)」。VMwareが提供する「PCoIP(PC over IP)」プロトコルにおいて、それぞれが標準で動作することを確認した。

 PCoIPプロトコルに対応することで、従来のWindows搭載シンクライアント端末に加え、非Windows系端末でも、指静脈認証による本人確認とSSOによる一度の認証での複数アプリケーションへアクセスできるようになる。

 例えば、VMware Horizon(with View)」を使って仮想化環境を導入している企業では、既存システムに指静脈認証やSSOの機能を追加することにより、正確な本人確認が可能になりパスワードの盗難/流出による、なりすましを防ぎつつ、複数のアプリケーションに対する利便性を高められるという。

 日立ソリューションズはこれまで、リモートアクセスにおける情報漏えい対策や利便性の向上に対しては、マイクロソフトのリモートデスクトップ「Microsoft VDI」や、シトリックス・システムズ・ジャパンのデスクトップ仮想化ソリューション「Citrix XenDesktop」とアプリケーション仮想化ソリューション「Citrix XenApp」に対応してきた。

 セキュア端末 認証強化ソリューションの価格は、静紋が1台当たり2万8000円(税別、以下同様)、認証管理システム「AUthentiGate J300」のクライアントが1ライセンス当たり2万円、SRGateCAが100ユーザー当たり70万円である。
 

関連記事

日立ソリューションズ、仮想環境における非Windows端末の認証機能を強化日立ソリューションズは2015年1月21日、同社の「統合認証・アクセス管理ソリューション」において、指静脈認証装置とSSO(Single Sign On)ソフトウェアが米VMwareの仮想デスクトップ環境「VMware Horizon(with View)」で動作することを検証し、「セキュア端末 認証強化ソリューション」として提供を始めたと発表した。非Windows端末を対象にしたセキュアな認証が可能になる。

PAGE TOP