[事例ニュース]

レコチョク、フラッシュストレージ活用し実績集計システムを高速化

2015年1月30日(金)IT Leaders編集部

デジタル音楽配信事業を展開するレコチョクは、ダウンロード販売や聴き放題サービスなどの実績を集計するシステムを増強。2014年4月に新システムを稼働させて以来、データベースの高速化や安定稼働といった効果を得ている。製品開発元であるピュア・ストレージ・ジャパンが、2015年1月30日に発表した。

増強したのは、音楽のダウンロード販売や聴き放題サービスなどの実績を集計し、各レコード会社へのレポートを作成するシステム。各レコード会社のビジネスに直接関わるため、同システムには高い性能と信頼性が求められる。収蔵楽曲数が増加するなか、集計をいかに高速化するかが課題となっていた。

とはいえ、CPUのコア数を増やすことによる性能強化には限界があるし、ソフトウェアのライセンス料金や運用といったコストがかさむ。そこで同社は、これまでのディスクストレージに代えてオールフラッシュストレージを導入。I/Oレスポンスの高速化を図った。

ストレージ刷新により、CPUのコア数を増やすことなくデータベース全体の性能を大幅に向上できたという。ストレージの重複排除・圧縮機能を活用することで、データ量を1/3に削減することにも成功した。

米ピュア・ストレージの製品を採用。丸紅情報システムズが検証を支援した。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 レコチョク
事業内容 デジタル音楽配信
導入システム 音楽配信サービス実績集計システム
導入目的 性能向上、信頼性の確保
主な利用製品 「FA-420」

 

関連キーワード

エンターテインメント / 音楽配信 / フラッシュストレージ / Pure Storage / 丸紅情報システムズ

関連記事

レコチョク、フラッシュストレージ活用し実績集計システムを高速化デジタル音楽配信事業を展開するレコチョクは、ダウンロード販売や聴き放題サービスなどの実績を集計するシステムを増強。2014年4月に新システムを稼働させて以来、データベースの高速化や安定稼働といった効果を得ている。製品開発元であるピュア・ストレージ・ジャパンが、2015年1月30日に発表した。

PAGE TOP