[中国電脳事情]

【中国電脳事情セレクション】中国のネット監督機関の幹部クラスで「有償削除」が横行、ほか

2015年2月2日(月)足立 治男

中国メディア各社の報道から、IT関連の最新動向を紹介する「中国電脳事情」。1カ月間に報じられた主要なニュースから重要なものをピックアップしてお伝えする。

中国のネット監督機関の幹部クラスで「有償削除」が横行

─新京報(2015年1月21日)

 現在、中国で社会問題となっている「有償削除」と呼ばれる違法活動について、中国の政府部門などのインターネット監督機関の幹部クラスの一部が手を染めている実態が明らかになった。中国のインターネットに関する政策の制定、管理指導などを行う機関、国家インターネット情報オフィスの副主任、彭波氏が報告している。

 有償削除とは、インターネット上に掲載された自身にとって不利益となる情報を、「有償で削除する行為」のことである。多くの従事者はあらかじめ調査会社などを使って対象者の不利益となる情報を収集してネットに掲載したうえで、その対象者に有償での削除を持ちかけるといった、いわば恐喝に相当する行為であるため、その多くが犯罪行為となっている。

 彭氏によると、本来、インターネットでの犯罪行為などを取り締まるべき部署に在籍している者が、自身の利益のために内外と結託して有償削除行為を行うケースが相次いでおり、この取り締まりが公務員における反汚職キャンペーンの中でも重点となりつつあるという。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】2014年の中国の宅配便取り扱い件数が140億件に達する
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
中国電脳事情一覧へ
関連キーワード

中国 / アジア / 市場動向

関連記事

【中国電脳事情セレクション】中国のネット監督機関の幹部クラスで「有償削除」が横行、ほか中国メディア各社の報道から、IT関連の最新動向を紹介する「中国電脳事情」。1カ月間に報じられた主要なニュースから重要なものをピックアップしてお伝えする。

PAGE TOP