[新製品・サービス]

NEC、物流過程の“見える化”を実現するソフトウェアをグローバルで発売

2015年2月4日(水)IT Leaders編集部

NECは2015年2月3日、物流業務における貨物の“見える化”を可能にするソフトウェア「Logistics Visualization System」を、アジアを中心としたグローバル市場で発売すると発表した。輸送中の貨物の位置や在庫情報を確認したり、物流オーダーを一元管理したりが可能になる。

 Logistics Visualization Systemは、NECが提供するクラウドサービス「NeoSarf/Logistics」をベースに開発したソフトウェア製品。物流過程の見える化を支援する。

 特徴は、荷主や運送業者、通関業者などの各事業者が、貨物に個別に付与する管理番号を相互に紐づけられること。これにより、インボイス番号やオーダー番号といった、各事業者の管理番号を使って、輸送中貨物の現在ステータスを検索できる。

 グローバル展開時には、各国の物流状況に応じて、輸送オーダーの受付や、倉庫/コンテナ/在庫、あるいは請求/支払いなどを一元管理できる。そのほか、関連事業者の入札や、ルート/料金シミュレーション、スマートデバイス連携といった機能も利用できる。

 Logistics Visualization Systemは4月から出荷する予定。2018年度末までに10カ国、20事業者以上への導入を目指す。
 

関連記事

NEC、物流過程の“見える化”を実現するソフトウェアをグローバルで発売NECは2015年2月3日、物流業務における貨物の“見える化”を可能にするソフトウェア「Logistics Visualization System」を、アジアを中心としたグローバル市場で発売すると発表した。輸送中の貨物の位置や在庫情報を確認したり、物流オーダーを一元管理したりが可能になる。

PAGE TOP