[新製品・サービス]

業務を壊さずビジネスを「Disrupt」、SAP Business Suite 4 SAP HANAのインパクト

2015年2月17日(火)田口 潤(IT Leaders編集部)

移行計画を立てるか、しばらく待つか、それとも見送るか−−。SAPジャパンが2015年2月6日に発表した「SAP Business Suite 4 SAP HANA」は、同社製品のユーザー企業にとって悩ましい製品だ。インメモリーDBを核に内部構造を刷新するなど製品自体の魅力は強い。一方で、カスタマイズして導入している日本企業にとっては、移行の難度は高く、使いこなせるかどうかが問題になる。

 ERP(Enterprise Resource Planning)ソフトの世界最大手であるSAPが2月初旬に発表したのが、「SAP Business Suite 4 SAP HANA(S/4 HANA)」である。SAPジャパンの福田譲社長が、「S/4 HANAは、既存のSAP Business Suite のアップグレードではない。まったくの新製品である」と言い切るだけのことはある製品になっている。

 その特徴は、(1)インメモリーデータベース「HANA」に最適化することでオンライン処理(OLTP)とデータ分析(OLAP)を同時に実行可能にした、(2)プログラムコードやデータモデルを全面的に刷新しシステム構造を“シンプル”にした、(3)HTML5を採用した新UI「Fiori」により使い勝手を高めた、(4)オンプレミス版以外に、マネージドクラウド版とパブリッククラウド版(S/4 HANAのSaaS)の複数の利用形態を用意した、などである(図1)。特にシンプルは、S/4という製品名の由来になっているという。

図1:S4 HANAの4つの特徴図1:S4 HANAの4つの特徴
拡大画像表示

 一方で、既存のSAPユーザー、特に、Oracle DBやSQL ServerなどHANA以外のデータベースを利用している場合は、現在のSAPを使い続けるかどうかの“踏み絵”になるかも知れない。例えば、使い勝手に利点をもたらすFioriは、現行のSAP Business Suiteでも提供されるし、S/4 HANAは全面リニューアルされているだけに現行システムからの移行は従来以上に難しくなる可能性が高いからだ。

なぜDBMSを「HANA」だけにしたのか?

 改めて、S/4 HANAの概要を見てみよう。まず簡単な歴史から。SAP Business Suiteは、販売や在庫管理、会計といった中核モジュール群であるSAP ERP、およびCRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)やSRM(Supplier Relationship Management:サプライヤー関係管理)、BW(Business Warehouse)など、同社が「サテライトシステム」と呼ぶ周辺システム群で構成される。

 このうち、SAP ERPはECC(ERP Central Component)とも呼ばれ、1992年に登場した「SAP R/3」を源流に持つ。ECCの最新版は2005年にリリースされたバージョン6.0である。オリジナルのR/3から実に23年が、最新版からも10年が経過しているのがSAP ERPだ。

 つまり、最新版の機能を10年にわたり固定して、ユーザーの移行を促進しながら、SAP Business Suiteとしての機能強化や改良は、サテライトシステムによって行う考え方である。それでも、この10年の技術進歩を取り込むなかでは、全体のプログラムコードは複雑になる一方だった。

 中でも複雑化が激しいのがデータベース(データ構造)。よく知られるSAP R/3の「ワンファクト・ワンプレイス(1つの事実を示すデータは1つしかない)」は、論理的にはともかく、物理的には複製や集約データが存在することで崩れていた。限界が近づいていたのだ。この状況は、レガシーシステムを固定し、周辺システムを構築することで現場のニーズに対応してきた、一部のユーザー企業のシステムと同様だろう。

 こうした課題を抱える一方で、SAPはメモリー素子の大容量化や、プロセサのマルチコア化/分散並列処理技術、高圧縮技術などを生かしたインメモリーDBMSとして、「HANA」を開発した(関連記事)。

 ただし2010年の発表時点の「HANA1.0」は「High-Performance Analytic Appliance」の名前通り、大量データの分析用途が想定されていた。ロー(行)ストアにもカラム(列)ストアにも対応、すなわちトランザクション処理にも対応するのは、2011年11月に発表した「HANA2.0」からである。

関連記事

業務を壊さずビジネスを「Disrupt」、SAP Business Suite 4 SAP HANAのインパクト移行計画を立てるか、しばらく待つか、それとも見送るか−−。SAPジャパンが2015年2月6日に発表した「SAP Business Suite 4 SAP HANA」は、同社製品のユーザー企業にとって悩ましい製品だ。インメモリーDBを核に内部構造を刷新するなど製品自体の魅力は強い。一方で、カスタマイズして導入している日本企業にとっては、移行の難度は高く、使いこなせるかどうかが問題になる。

PAGE TOP