開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

PostgreSQL対応のDB開発支援ツールの新版、システムインテグレータが発表

2015年2月25日(水)IT Leaders編集部

業務用パッケージの開発・販売などを手がけるシステムインテグレータは2015年2月24日、OSS(Open Source Software)のデータベース「PostgreSQL」に対応した開発支援ツール「SI Object Browser for Postgres」の最新版を発表した。米EnterpriseDB製の「Postgres Plus」にも対応する。アシストが販売する。

 SI Object Browser for Postgresは、PostgreSQL/Postgres Plus上のアプリケーションを開発するための支援ツール。GUIから、テーブルやビューといった各種オブジェクトの作成や、テーブルデータの編集、ストアドプログラムの作成などが可能になる。

 最新のバージョン「2.0」では、PostgreSQL 9.0以降が備える「マテリアライズド・ビュー」や「パーティション表」などに対応した。バイナリーデータの編集やパーティションを管理するための画面は、ユーザビリティに配慮し、直感的な操作を目指しているという。

 PostgreSQLの最新版である「9.4」に対応し、集約関数などが使えるほか、バージョンアップを容易にするために、旧バージョンで接続していたデータベースの接続情報を取り込む独自機能を追加している。

 SI Object Browser for Postgresの価格は、ダウンロード版の場合、1クライアントが4万3000円(税別、以下同様)、20クライアントは22万3000円、200クライアントだと102万3500円など、クライアント数によって変動する。

関連記事

PostgreSQL対応のDB開発支援ツールの新版、システムインテグレータが発表業務用パッケージの開発・販売などを手がけるシステムインテグレータは2015年2月24日、OSS(Open Source Software)のデータベース「PostgreSQL」に対応した開発支援ツール「SI Object Browser for Postgres」の最新版を発表した。米EnterpriseDB製の「Postgres Plus」にも対応する。アシストが販売する。

PAGE TOP