[矢坂徹の「CIOの心得」]

IT部門が内包すべき機能 その4
~パートナー対応能力

2015年2月26日(木)矢坂 徹(ウェッジ・コンサルティング代表)

IT部門に欠かせない5つの内製機能のうち「パートナー対応能力」について詳しく解説する。IT戦略遂行にメリハリをつける上で、アウトソーシングを積極的に検討する企業は増えているが、“自立的な”よい関係を形成できている例は必ずしも多くない。その背景を考えることを1つの材料に、パートナーとの協業のあり方や、その時に必要となるIT部門の素養について考える。

 昨今、IT関連業務の全てを内製でまかない、アウトソースは一切していないというケースは極めて希です。つまり、多くの企業において、何らかの形で協力を仰いでいる外部のパートナー企業が存在しています。

 ここで質問を1つ。「アウトソースがうまくいっている」とはどんな状況を指すのでしょうか。「委託した業務を大きな失敗もなく無難にこなしてくれている 」あるいは「安価に社外のリソースを使えている」ということでしょうか? 

 私の考えは少し違います。以下に、私なりに考える「アウトソースをうまく活用できている」という状態を説明しながら、今回のポイントに言及していきます。

“自立的アウトソーシング”とは

 アウトソースを引き受けるパートナーが力を備え、ITサービスのセグメントごとに、円熟した支援を適正価格で提供できるようになってきました。こうした状況下、コモディティ・サービス(インフラ構築、アプリケーション構築、データセンター運用、コールセンター運用など)をIT部門の内製のみで対処するのはコスト高にも繋がり、むしろ積極的にアウトソースを検討するのが主流になっています。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】【地域別パートナーの属性・特徴解析機能】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
矢坂徹の「CIOの心得」一覧へ
関連記事

IT部門が内包すべき機能 その4~パートナー対応能力 IT部門に欠かせない5つの内製機能のうち「パートナー対応能力」について詳しく解説する。IT戦略遂行にメリハリをつける上で、アウトソーシングを積極的に検討する企業は増えているが、“自立的な”よい関係を形成できている例は必ずしも多くない。その背景を考えることを1つの材料に、パートナーとの協業のあり方や、その時に必要となるIT部門の素養について考える。

PAGE TOP