[2020年を見据えた「グローバル企業のIT戦略」]

【第17回】ビッグデータを取り巻く想定外の7つの課題

2015年3月2日(月)入江 宏志

2020年を見据えた「グローバル企業のIT戦略」を取り上げる本連載。IT戦略における日本と世界の差異を見極めるための観点として、前回からビッグデータ(Big Data)の目的や特長、手法、活用シナリオと可能性、課題点、そして、あるべき姿について考えている。前回は、ビッグデータが経営にインパクトを与える要件について、事例を参照しながら考えてみた。今回は逆に、ビッグデータ活用には“想定外”の課題が潜んでいることを指摘したい。

 ビッグデータを使い、何を把握したいのか−−。その答えの1つが「ビジネスに貢献するものは何か」であり、もう1つが「予期せぬことを事前に知る」ことだと、第16回で指摘した。

 これら2つの答えを知りたいがために、多くの企業や組織が今、ビッグデータ活用に取り組んでいる。だが皮肉にも、ビッグデータを使おうとすると“想定外の課題”が浮かんでくるのが現実だ。

 いかにリスクを管理するかなのだが、これまでリスクだと認識していなかったことが、何の前触れもなく突然現れる可能性が少なくない。従来のように、“無防備な”やり方でビッグデータに取り組んでは必ず失敗してしまう。

 課題を意識できれば、成功への道は近くなるはずだ。では、どんな課題があるのか。以下では、ビッグデータに取り組むうえでの7つの課題を紹介する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】インパクトが大きいと誤った誘導にも
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
2020年を見据えた「グローバル企業のIT戦略」一覧へ
関連記事

【第17回】ビッグデータを取り巻く想定外の7つの課題2020年を見据えた「グローバル企業のIT戦略」を取り上げる本連載。IT戦略における日本と世界の差異を見極めるための観点として、前回からビッグデータ(Big Data)の目的や特長、手法、活用シナリオと可能性、課題点、そして、あるべき姿について考えている。前回は、ビッグデータが経営にインパクトを与える要件について、事例を参照しながら考えてみた。今回は逆に、ビッグデータ活用には“想定外”の課題が潜んでいることを指摘したい。

PAGE TOP