[事例ニュース]

西川ゴム工業、BPMに基づくシステム刷新で年商1000億超え目指す

2015年2月27日(金)IT Leaders編集部

西川ゴム工業は成長戦略を実現するための業務見直しに伴い、サイロ化していた社内システムをプライベートクラウド上に統合する。製品開発元である日本オラクルと導入を担当したアシストが、2015年2月25日に発表した。

同社はこれまで、部門ごとに最適化したシステムを個別に構築・運用してきた。その結果、システムごとにマスターがバラバラだったほか、ハードウェアやソフトウェアの調達作業が煩雑になっていた。

一方、同社は2020年までに連結売上高1000億円以上を達成するため、人事・購買・会計といった業務を見直すBPM(Business Proccess Management)を進めている。その実現には、システム再構築によるデータの一元化や仮想化が不可欠だった。

そこで、オラクル製のデータベースアプライアンスをベースにしたプライベートクラウド環境を導入した。すでに、グローバル図面管理システムを2014年11月に移行済み。今後、他システムの移行を順次進めていく。導入支援はアシスト。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 西川ゴム工業
事業内容 各種シール材の製造・販売
導入システム プライベートクラウド
導入目的 業績の最大化、運用管理の効率化
主な利用製品 「Oracle Database Appliance」

 

関連キーワード

製造 / 化学 / プライベートクラウド / Oracle / データマネジメント / アシスト

関連記事

西川ゴム工業、BPMに基づくシステム刷新で年商1000億超え目指す西川ゴム工業は成長戦略を実現するための業務見直しに伴い、サイロ化していた社内システムをプライベートクラウド上に統合する。製品開発元である日本オラクルと導入を担当したアシストが、2015年2月25日に発表した。

PAGE TOP