リスクマネジメント リスクマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

データだけをサーバーで管理するシンクライアント、Eugridが発売

2015年3月5日(木)IT Leaders編集部

ソフトウェアベースのシンクライアントを開発・販売するEugridは2015年3月4日、データのみをサーバーで管理するシンクライアント「TrueOffice」を2015年3月下旬から出荷すると発表した。既存PCをそのまま利用することで、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)導入に対し、TCO(所有総コスト)が3分の1〜10分の1に抑えられるとしている。

 TrueOfficeは、OS(Windows)やアプリケーションはクライアントPC上で動作させ、データだけをサーバーで一元管理する仕組み。OS/アプリケーションもサーバー側で管理・実行するシンクライアントに対し、同社では「ハイブリッド型」と呼んでいる。

 データのみをサーバーに置くことで、情報漏洩などのリスクを軽減しながら、クライアントPCの性能を活かして操作性を高めたり、オフライン状態でも事前にキャッシュしたデータに対しては継続して作業したりが可能になる。

 ただし、クライアントPCのOSアップデートやウイルス対策などは、通常のPC利用と同じなので、個々に対応する必要がある。

 TrueOfficeは年間サブスクリプション(利用料)契約で提供する。500ユーザーが年間245日間利用した場合のTrueOfficeライセンスのみの概算値は、1ユーザー当たり1日約78円になる。

関連記事

データだけをサーバーで管理するシンクライアント、Eugridが発売ソフトウェアベースのシンクライアントを開発・販売するEugridは2015年3月4日、データのみをサーバーで管理するシンクライアント「TrueOffice」を2015年3月下旬から出荷すると発表した。既存PCをそのまま利用することで、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)導入に対し、TCO(所有総コスト)が3分の1〜10分の1に抑えられるとしている。

PAGE TOP