[真のグローバルリーダーになるために]

【第5回】リベラルアーツから何を学ぶのか?

2015年3月6日(金)海野 惠一(スウィングバイ代表取締役社長)

日本ITCソリューション課長の佐々木に対し、山下塾の木元塾頭は「グローバルリーダー」について新たな定義を説明していた。従来の「語学ができて、専門的な実務を体得し、仕事ができる」という定義に加え、日本人の場合は、3つの要件が加わるという。その1つが、「リベラルアーツを修得して大局的なものの考え方と視点を学ぶ」である。だが、佐々木には「リベラルアーツ」の具体像が浮かんでいなかった。

 「塾頭、そのリベラルアーツとはどういうものなのでしょうか?」

 この佐々木の問いかけに対し、木元塾長は解説し始めた。

 「日本人は毎日、専門的な仕事に専念せざるを得ない環境にあります。ですので、リベラルアーツとして、実践的な知識や学問を習得する機会もないし、そうしたことを教育している機関もありません。

 実践的な知識や学問を“一般教養”として勉強するという意味は、知識だけでなく、世界の様々な事象の是非を考える習慣をつけるということです。ですが、日本の報道機関は正しい情報をさらに選別して報道しているので、日本人は新聞やテレビで目にする情報に疑問を感じたり、否定したりする習慣がありません。世界の報道は日本の報道とは全く異なっていて、かなり曖昧な情報とか、アルカイダからの投稿まで報道していますよ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】“グローバル人材”と呼ぶのは日本だけ
  • 1
  • 2
バックナンバー
真のグローバルリーダーになるために一覧へ
関連記事

【第5回】リベラルアーツから何を学ぶのか?日本ITCソリューション課長の佐々木に対し、山下塾の木元塾頭は「グローバルリーダー」について新たな定義を説明していた。従来の「語学ができて、専門的な実務を体得し、仕事ができる」という定義に加え、日本人の場合は、3つの要件が加わるという。その1つが、「リベラルアーツを修得して大局的なものの考え方と視点を学ぶ」である。だが、佐々木には「リベラルアーツ」の具体像が浮かんでいなかった。

PAGE TOP