[新製品・サービス]

SDNベースのクラウドネットワーキングサービス、米Pertinoが日本で開始

2015年3月6日(金)IT Leaders編集部

モバイルやクラウドのためのネットワーク構築などを手がける米Pertinoは2015年3月5日、SDN(Software-Defined Networking)ベースのクラウドネットワーキングサービスを日本市場で開始すると発表した。

 Pertinoが開始するのは、SDN技術によりネットワークとサービスの仮想化を組み合わせることで新たな管理ネットワークを実現するサービス。パブリックなインターネット上にVPN(Virtual Private Network:仮想私設網)を、ハードウェアの準備や複雑な作業なしに、数分で設定できるという。

 日本向けサービスは、米AWS(Amazon Web Services)のクラウドサービスの東京リージョンを利用する。利用企業は、分散処理やSaaS(Software as a Service)アプリケーションに、セキュリティや利用状況の可視化、コントロールの機能を付加できるようになる。

 新サービスを中堅・中小企業に提供するための販売チャネルも構築した。ソフトバンク コマース&サービスが「プレミアディストリビューションパートナー」になり、富士ソフトやNECネッツエスアイが「ローンチパートナー」として参加。他に、JBCCや、コムチュア、サーバーワークス、スターティアなどがパートナーとして参加する予定である。富士ソフトが先行してAWS導入/移行支援を展開する。
 

関連記事

SDNベースのクラウドネットワーキングサービス、米Pertinoが日本で開始モバイルやクラウドのためのネットワーク構築などを手がける米Pertinoは2015年3月5日、SDN(Software-Defined Networking)ベースのクラウドネットワーキングサービスを日本市場で開始すると発表した。

PAGE TOP