[事例ニュース]

パソナグループ、PCのネットワーク接続を制御するソフトで無線LAN環境の安全性を確保

2015年3月6日(金)IT Leaders編集部

人材ビジネスを中核事業とするパソナグループは2014年11月、約60社のグループ会社が集まる本社ビルに無線LAN環境を新設した。これに伴い、約3000台の社内PCにネットワーク接続を制御するソフトを導入。無線LAN環境におけるマルウェアの侵入リスク軽減を図った。製品開発元である日立ソリューションズが、2015年3月4日に発表した。

オフィスの無線LAN化には、場所を選ばない柔軟な働き方が可能になるというメリットがある。しかしその一方で、不用意な導入にはリスクもある。例えば、建物周辺に飛び交う不特定多数の人が利用するアクセスポイントにPCが自動接続し、マルウェアに感染してしまうといったケースが起こり得る。そこから社内に感染が広がれば業務に支障が出ることは必至だ。最悪の場合、機密情報の漏えいにもつながりかねない。

同社はこれらのリスクを排除するため、オフィス内のPCがシステム部門が許可した無線LANアクセスポイント以外に接続できないようにする仕組みを整えた。

約3000台ある社内PCにクライアントソフトを配布した。このクライアントソフトは、サーバーが集中管理するセキュリティポリシーに基づき、システム部門が許可したアクセスポイントだけをPC画面に表示するほか、接続先が社内LANかどうかをチェックする機能を備える。もし、接続先が社内LANではなかった場合には接続を遮断する。

今後は、PCを社外に持ち出して利用する際のセキュリティ強化を図る。具体的には、VPN接続で社内LANを経由しなければ、インターネットに接続できないようにする機能を追加する予定。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 パソナグループ
事業内容 人材ビジネス
導入システム エンドポイントセキュリティ
導入目的 無線LAN環境の安全性確保
主な利用製品 「秘文AE AccessPoint Control」

 

関連キーワード

サービス業 / 無線LAN / マルウェア対策 / 日立ソリューションズ

関連記事

パソナグループ、PCのネットワーク接続を制御するソフトで無線LAN環境の安全性を確保人材ビジネスを中核事業とするパソナグループは2014年11月、約60社のグループ会社が集まる本社ビルに無線LAN環境を新設した。これに伴い、約3000台の社内PCにネットワーク接続を制御するソフトを導入。無線LAN環境におけるマルウェアの侵入リスク軽減を図った。製品開発元である日立ソリューションズが、2015年3月4日に発表した。

PAGE TOP