データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[市場動向]

JDMCが2015年度のデータマネジメント賞を発表、大賞にコマツと三越伊勢丹HD

2015年3月12日(木)データセンター完全ガイド編集部

日本データマネジメント・コンソーシアム(JDMC)は2015年3月10日、同団体が主催するアワードプログラム「データマネジメント賞」の2015年度選出企業を発表した。今年、大賞に選ばれたのは、小松製作所と三越伊勢丹ホールディングスの2社である。

 データマネジメント賞は、JDMCが、国内での高度なデータ活用の取り組みにおいて“他の模範となる活動”を実践している組織を選出・表彰する年次アワードである。2014年3月に第1回の選出・表彰が行われ、国内で早期からデータマネジメントに着手してきた企業・組織が揃った(2014年度データマネジメント大賞の紹介記事「データ活用高度化で「規範」となる企業をJDMCが表彰、大賞に大阪ガスと協和発酵キリン」を参照)。

 第2回となる2015年度は、大賞、メタデータ・ガバナンス賞、データ統合賞、アナリティックス賞、データ基盤賞の各賞について、JDMCのコアメンバーで構成された審査委員会がエントリー組織を審査。その結果、大賞の2社を含めて計7社が選出された。

 JDMCはアワードを開催する目的として、データマネジメントや情報のマネジメントに関する社会的認知を高め、企業・機関などでデータマネジメントを実践する人や組織の活性化を促進すること、ひいては日本企業・組織の競争力強化へ寄与することを掲げる。なお、JDMCが3月12日に開催した年次コンファレンス「データマネジメント2015」では、受賞企業のプロジェクト責任者が登壇し、セッションのかたちで今年のベストプラクティスが披露された。大賞をはじめいくつかのセッションについては後日、本サイトでその模様をお伝えする予定だ。

 JDMCが公開した2015年度のデータマネジメント大賞受賞企業の顔ぶれと、大賞2社の受賞理由を以下に紹介する。

2015年度 データマネジメント賞 受賞企業

賞名 受賞企業名
大賞 株式会社小松製作所
大賞 株式会社三越伊勢丹ホールディングス
メタデータ・ガバナンス賞 JFEスチール株式会社、JFEシステムズ株式会社
データ統合賞 ライオン株式会社
アナリティックス賞 株式会社あきんどスシロー
データ基盤賞 株式会社クラウドワークス
データ基盤賞 株式会社マイクロアド

 

関連キーワード

JDMC / データマネジメント / 小松製作所 / 三越伊勢丹

関連記事

JDMCが2015年度のデータマネジメント賞を発表、大賞にコマツと三越伊勢丹HD日本データマネジメント・コンソーシアム(JDMC)は2015年3月10日、同団体が主催するアワードプログラム「データマネジメント賞」の2015年度選出企業を発表した。今年、大賞に選ばれたのは、小松製作所と三越伊勢丹ホールディングスの2社である。

PAGE TOP